北杜市・自然の中で
山の中の独り暮らし、片目を失い福祉や医療機関、孤独死寸前までを綴る
201704<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201706
尊厳死・安楽死について考える

「生きるに値しない命」誰がそれを決めるのか
        ~尊厳死・安楽死について考える~

「いつ、どこで、誰の子として生まれるか」それは選べないけれど、せめて「いつ、どこで、どのようにして死ぬか」は自分で選びたい。壮年の頃は笑いながら自分も人に語っていたような気がします。それが高齢者になると「本当にそうできたら」、「いやそうすべきかも」と真正面から考える人たちに出会うようになり、さらには自分の心身すら制御できない状態でターミナルケアの中に居る人にも多々接するようになります。

3年ほど前、知人が癌で67歳という「若さ」で逝きました。亡くなるまで病のことは知りませんでしたが、生前彼が送ってくれた本があります。『自死という生き方』、なんと衝撃的なタイトルでしょう。送り状に「貴兄は読んでみてどう御思いになりますか」とありましたが、正直なところ「自殺」を考察する気にはなれませんでした。なので、私が読んだのは彼が旅立ってからになります。
285ページに及ぶこの本のカバーにこんな言葉がありました。『人生の果実は十分味わった。65歳の春。清明で健全で、そして平常心で決行されたひとつの自死』。それを決行した人は哲学者でした。
『自死』…。
「人を殺す」という場合の「人」に自分は含まれていません。日本語の「自分を殺す」の「自分」は身体ではなく別の意味を伝えています、「マナー的な善」とか「たしなみ」とか「処世術」とか。つまり「自殺」には「人を殺す」の「人」にあえて「当人=自分」を含ませ非難を浴びせているのです。また、「自殺」の「自」にも本来他人は入っていません。入れるのは「他殺」だけです。例外的に他人が入るのは刑法の例で、死んでいく当人の承諾、嘱託を必要としている殺人(202条)です。「本人の意思」が犯罪の構成要件に入ることにより、殺人の刑が減軽されているのです。
この「自殺」の非難的な語感からでしょうか、『意思的な死を非道徳的・反社会的行為だと責めないでいう語』として『自死』は存在します。
ところでこの『自死』にあたると思われる言葉が日本語には数多く存在します。「自決」「自尽」「自裁」などですが、共通するのは死んでいく本人の強い意思を感じることです。加えて裏には、尊厳、矜持、美意識などが潜んでいるようにも思えます。
いや『自死』でも非難されるべきという考え方もあります。年配の方は憶えておられることでしょう。『身体髪膚これを父母に受く、敢て毀傷せざるは孝の始めなり』(孝経)がそれです。まして死ぬなど論外ということで、これには反論しないことにします。
こう見てきますと「本人の意思」というものがこの問題の各部面でキーワードになっていると解かります。

そうなのです。新たな問題として拡散しだした「安楽死」「尊厳死」の議論や成立要件にも最重要なものとして関わっています。
どちらも、生きていることが広い意味での周囲にとって罪なことになっている、或いは生きていることが当人にとって拷問に近い苦痛を与えている場合で当人が死を望むときに、他者の関与がどこまで許されるかという問題です。

新たな問題と言いましたが実は、私が初めて「安楽死」という言葉を書物で見たのはかなり昔の1962年、名古屋高等裁判所の判例でした。いまも強力に生きている判例だと思います。「基本的には違法だが6つの要件を満たせば違法性が阻却される」とするものでした。その要件の概略は①回復の見込みがない病気の末期②心身の耐え難い苦痛の存在③目的は苦痛からの解放④患者の自発的で明瞭な安楽死の求めがあり⑤医師の手によること⑥その方法が倫理的なこと、というものでした。②③で心の苦痛は正確に捉えがたいところから重点は肉体的苦痛にあったと記憶しています。犯罪の成立には、行為が構成要件に該当し違法かつ有責でなければなりませんので、違法性阻却となれば「安楽死」させる医師の行為は無罪となります。1995年の地裁判決もこの立場をほとんど踏襲しています。
なお、④は意思表示能力がある段階での自筆文書であれば意識を失う前の文書でもよいとされています。事前に延命行為の是非について宣言する「リビング・ウィル」について『遺書とリビングウィルは書いておこう』(近藤誠・曽野綾子「野垂れ死にの覚悟」)と確かに勧められています。

「本人の意思」、これが最も重要な要件なのです。これが無ければ、積極的安楽死なら「殺人」、続けていた延命措置を止めるなど消極的安楽死なら「不作為による殺人」か「保護責任者遺棄致死」に問われるはずです。
「安楽死」はドイツ語で「オイタナジー(Euthanasie)」といいますが、「オイ」は「善」、タナトスは「死の神」ですから、「善悪」でいうならもともと善なのです。冒頭でお話しした語義からも同じ流れだと感じます。
上の「消極的安楽死」の分類で括られることが多いのですが、文字通り最近「尊厳死」(death of dignity)が使われるようになりました。『人間が人間としての尊厳を保って死に臨む』ことです。
医者が患者の病状や治療方針を丁寧に説明して患者の同意を得るという「インフォームド・コンセント」の1種とされています。同意の反対は拒否。患者が無意味な延命行為を医師に向かって拒否した場合などがこれにあたります。ここでも、意思決定は明瞭明白な形であることはもちろんのこと、「任意に」なされたものであることが求められます。
ちなみに「積極的安楽死」も含めて法律で是認した国がかなりあります。スイス、オランダ、ベルギー、ルクセンブルクと欧州はかなり固まっています。米国でもいくつかの州で採用しています。じつは日本でも2012年に法案が作られたようです。その法案名が注目で、何を目指しての作成だったかが垣間見られます。曰く『終末期の医療における患者の意思の尊重に関する法律案』。

高齢者社会の日本において、「安楽死」「尊厳死」の法制度が確立する可能性が高まりつつある。そう言っても過言ではなさそうです。
常識的に考えられるデメリットはこうでしょう。「弱い立場に置かれがちな患者の任意の決定権が無視され、死を強要される可能性が高くなる」。前の高裁判例が設けた成立要件はそのまま「安楽死」是認の弊害を防ぐためのハードルでした。
しかしたとえ生存権に関わるリスクがあったとしても、下記により法定乃至是認の圧力は高まると踏んでいます。
① 財政難からも医療費・社会保障費は可及的に削減したい。
② 就業可能世代がその分過剰な医療費負担を強いられているのは不条理。
③ もともと延命治療には価値がないので公費負担は停止すべき。
 この中で最も怖く、有力なのは②です。親族の間でも世代間対立が具体的な形で発生するからです。

拙い問題提起でしたが、皆さんは何を想われたでしょうか。
 最後に冒頭に掲げた哲学者の書物の前書から、この言葉を引いてみます。
『同情されたり、哀しまれたり、現実逃避だと非難されたり、迷惑視され、嫌悪され、後ろ指さされたりするいわれがまったくない自死、敬意すら払われてよいかもしれない自死がありうる。氏は、その証明を、現代の哲学者の仕事であると考えました』(須原一秀「自死という生き方」)

「生きるに値しない命」、そんなものがあるのか。少なくとも、そこにいわゆる「価値」の有無は、その人自身が考え、その人自身が決めるべきでしょう。
 私はそう想います。


通常のコメントではなく、法律を含む難しいコメントは弟の方にお願いします。

弟のブログ(蛙声爺の言葉の楽園)


にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳以上へ クリックの協力お願いします。

スポンサーサイト
ランキング2・朴の花・網と交換
私のような者がランキングのある程度の所にいられるのは、皆様の応援があってこそ出来る事なので感謝しています。応援してくれた人には応援を返すのが礼儀だと思い、日ごろ応援してくれた人のホワイト・リストを作っています。昨日21日6時半頃から、リストをチェックしながら訪問していました。その間に何人もの人か訪問してくれました。私はFC2の訪問者とブログ村のランキングのショートカットを交互に見ていましたが、数字は伸びませんでした。他のブログにも立ち寄りましたが、ブログ村のカウンターが故障を起こしているようでした。メンテナンスの場合は後でカウントされるようですが、この故障の間はカウントされていないかもしれません。そうだとしたらごめんなさいね。ホワイト・リストの反対に訪問してくれても応援してくれない人のブラック・リストは作っていません。




朴の木の上の方の部分です・高さ30Mあるかもしれません



パソコン室からの朴の花です・カメラから20Mは離れています



先日寒冷紗で囲った所を網に張り替えました



囲いの中もだいぶ植物が増えました



にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳以上へ クリックの協力お願いします。


眼に関する文へのリンク
年月日 タイトル メモ
2015.10.28 つまみ食い「山梨」 弟のブログ・山梨大学付属病院に行った時の感想
2015.11.08 眼科医・村田博昭 対 患者 木内正夫 北杜市立の診療所で本人の承諾を得ないで通院に 9時間もかかる市外の病院に飛ばされた。私の死後、世論やマスコミがこの医師に借りを返してくれる事を期待する。
2016.01.07 韮崎市立病院に行く 公共交通機関を使い韮崎市立病院まで行く
2016.03.15 ボランティア・韮崎市立病院に行く(2) ボランティアの協力で病院に行けるようになりました
2016.09.08 朴の葉の落ちる頃 実話に近い小説です
その他へのリンク
2016.04.03 日本国憲法 25条の生存権・救われる者と切り捨てられる者
2016.05.16 福祉との関わり合い 2016年末までの福祉との関わり合い


禁酒から飲酒へのコメントの返事
KITAHOさん、こんにちは。コメント欄で投稿しましたら不正な投稿としてアップできませんでしたので本文として載せました。問題があれば消します

通院や草刈などお世話になり感謝しています。

文面から察するところ、お父さんは楽しい家族に支えられ闘病生活をしてこられたと思われます。
人それぞれ生活環境が異なり、長生きが必ずしも良いと思えない人も大勢います。
世の中を見れば、介護の疲れから、夫が妻を、または妻が夫を、または子が親を殺すと言う事件が絶 えません。日本は福祉国家ではありません、福祉を受けられるのは一部の人だけです。

私の場合、妻も子供もいない独り暮らしをしています。生涯独身についてはKITAHOさんにまだ話した 記憶ありませんが、生まれた時身体に異常のある赤ん坊でした。それが私の不幸の始まりでした。

山の中眼の不自由な者にとっては大変な生活です。まだ、生活する視力は残っています。その視力を 大切にすることは承知しておりますが、せいぜい一合程度の酒の楽しみは良いのではないでしょうか 。
禁酒を止めるにあたっては、酒を飲めば失明は早まるが、それでも飲むのかと天秤にかけて決めまし た。
何故、冬の間だけ禁酒したかと言えば、雪の中の葬儀は絶対に避けないと親族に迷惑がかかるからで す。

また、きょうだいがきょうだいを介護するのもきょうだい愛ですが、きょうだいとの共倒れを防ぐた め死を選択するのもきょうだい愛だと思っています。

介護についてコメントはありませんでしたが、ついでに書いておきました。

お節介焼きとは思っていません。言いにくい事を言ってくれるのが真の友達だと思っています。

コメントありがとうございます。


にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳以上へにほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 北杜情報へ「70歳以上」「北杜情報」のどちらか一つだけクリックの協力お願いします。


禁酒から飲酒へ・森友問題
眼に酒は悪いと言うことは身をもって体験している。緑内障で右目の方が悪化が早 く、もう失明の寸前だった一昨年。眼科に行く前日に焼酎を4合ほど飲んだら、もう何も見えなくな ってしまった。

戦後の混乱期、メチールアルコールを飲んで失明したと言う話もある。アルコールと眼は深い関係が あるのだろう。正月用に買った酒は殆ど飲まなかった。もし、雪の季節に失明したらと言う危機感が あった。失明は私にとっては死を意味している。

だが、この冬に危機があった。眼の周りが痒く、眼に白い真綿のようなものが映りその部分が見えな くなった。緑内障プラス他の眼病にかかって一時はキーボードも見るのが困難となった。これではパ ソコンで行っているアルバイトも中止しなければと段階的に縮小したが、1週間もすると真綿のよう なものは少しずつ消えていった。と言っても緑内障は少し<ずつ悪化している。

雪はまだ降るかもしれないが、止めていた酒を飲むことにした。と言っても節度ある飲み方をしてい る。死を恐れて暖かい間は禁酒まですることはないだろう。

今、白梅や紅梅が咲き出したが、花数少なく載せるほどではなかった。カタクリも後1週間くらいで 咲きそう。

今、話題の森友問題、通常の問題は善と悪に別れるのだが、登場人物すべて悪人と言うのも珍しい。 悪の程度を争っているようにもみえる。タヌキとキツネの化かしあい。この問題で税金がいかに無駄 に使われているのか。政治家や官僚のいい加減な行動など、氷山の一角でもわかっただけでも良かっ たと思う。

窮鼠猫を噛むと言うが、どちらかネズミでどちらがネコなのか、わからなくなった。



追加記入・4月1日7時 冬に逆戻り


にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳以上へにほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 北杜情報へ 「70歳以上」「北杜情報」のどちらか一つだけクリックの協力お願いします。


人は死んで名を遺すと言うけれど
人は死んで名を遺すと言うけれど、名誉な事もしてはなく、地位も財産もない、ヨ ボヨボの老人になってしまいました。前回に続いて過去に造ったものを載せます。井戸に名を遺しても・・・・


井戸とポンプ室・三十数年前に造った井戸で、主な道具はバールとチェーンブロックでし た。この場所は石と砂の層から出来てスコップで掘れるような場所ではありません。石の周りの砂を 取り除き吊り上げて石を出すの繰り返し、難工事でした。ポンプの据え付け配管など経験のほとんど ない仕事をこなしました。寒冷地のため50センチの深さ、約百メートルの配管、不凍栓や蛇口11個とこちら も大変でした。ポンプは2台目ですが今でも通常の水道のように使っています。



池に水を供給するために掘ったいどです。こちらも難工事でした。この井戸を掘っていた 正月休みの時、姉から母が倒れたとの連絡が入り横浜に戻った事を鮮明に覚えています。今はこの井 戸は使っていませんが、非常事態の時には役に立つと思います。



にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳以上へにほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 北杜情報へ 「70歳以上」「北杜情報」のどちらか一つだけクリックの協力お願いします。


copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.