北杜市・自然の中で
山の中の独り暮らし、片目を失い福祉や医療機関、孤独死寸前までを綴る
201703<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201705
今年も工事を少し行う事に・コウモリ
昨年工事をしましたが、今年も工事を少し行うことにしました。昨年工事をしたと ころから、同じ建物の2階部分に行くには、母屋に行き階段を上り、屋上の横断歩道橋を渡らないと いけませんでした。元は階段も設計図にありましたが、下の建物は工事中止するつもりでした。死期 も近づいて最後の行事で使うように工事をしました。大回りしないと行けないのは不便なので、梯子 だけでも取り付けようと工事をしました。

今回の工事は全て弟に任せて私は監督だけすることにしました。ドアが弟の居る間に間に合わず、その部分は残ってしまいましたが、梯子の工事は終わりました。その他にも工事をしましたが、それは 次回に回します。

この工事の最中にコウモリがいるのを見つけました。以前は駐車場に番で寝て糞を自動車の上にたら され困ったものです。5㎝たらずの小さなコウモリでした。
コウモリの数え方は放送では哺乳類なのでね1匹、2匹と数えるそうですが、1羽、2羽と両方書か れた辞書もあるそうです。また、専門用語では「頭」も使うそうです。
コウモリは逆さにぶるさがって、どのように糞をするのか興味がありましたが、わかりませんでした 。


床に穴を開ける



材木で梯子を作る




開口部に手すりを



小さなコウモリ



にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳以上へ クリックの協力お願いします。


スポンサーサイト
屋根の一部修理・老動者
前回の更新で書いたように12日から弟と約40年前に建てた風呂場などの屋根の修理 を始めました。内装工事を解体してすべてを替えればよいのですが、費用も掛かるうえに長期の工事 になるので、屋根の上に屋根をはる方法を選択しました。
二人合わせて146歳、労働者というより老動者と言った方があっているような気がします。低い屋根 とは言え眼の不自由な私、あまり動かず監督だけしていました。
一日目は二人でホームセンターに材料を買いに出かけ、家まで自動車が入らないため材料の運搬と下 の写真のように足場パイプに材木を取り付ける金具を付ける作業で終わりました。



13日、二日目。
昨日の鉄パイプを屋根に載せて、母屋(もや)を取り付け、下地材のコンパネを取り付けまで終わりま した。 





14日、三日目。
トタンを張る作業をしましたが、全部終わらず少し残ってしまいました。と言っても、我ら老動者は 15時30分には作業を止めています。今回は低い建物の屋根だけの工事です。毎年少しずつ日曜大工の ような形で造ったので、高い方は何年かの時間差があり傷みもまだ少ないようです。




15日、4日目、昨日の残りのトタンにくぎ打ちの作業と、屋根が飛ばないようにタンバックルの取り 付けを午前中に行って作業は終わりました。弟は午後に伊東にもどりました。
今回の作業が私にとって最後の作業になります。家の中でさえ躓いたり、階段を踏み外したりしているので、怪我しないうちにやめたいと思います。




にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳以上へにほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 北杜情報へ 「70歳以上」「北杜情報」のどちらか一つだけクリックの協力お願いします。

片づけはじめて4か月
前回の更新から1か月が過ぎてしまいました。季節も寒さを感じるようになり、庭 の朴の葉もだいぶ落ちて空が見えるようになりました。小説「朴の葉の落ちるころ」は殆どが実話で 弟があるところに応募するため付け加えた部分がありました。そのころから約1年が過ぎようとして います。



眼も段々と悪くなりましたが、何とか来春までは完全な失明はしないで欲しいと願っています。 「飛ぶ鳥跡を濁さす」出来るだけ負の遺産だけは残したくないので、日曜大工で造った未完成の建物 があり、このままでは使わないうちに廃墟となり負の遺産となってしまいます。そこで7月から片づ け始め最低限の設備を整え使えるように、弟や電気屋さんの力を借りて始めました。上の写真は数日 間片づけた後の写真で、凄いゴミの山でした。
片目で残った目も不自由なため、釘さえ満足に打てず釘を曲げたり指を金づちで打ってしまったり、 大変でしたが気長に毎日少しづつ行って、下のような写真になりました。一般の文化生活は出来ませ んがキャンプ気分の生活は出来そうです。





こちらも同様に片づけをしてトイレだけ作りました。石だらけの土地に合わせよく建てたと我ながら に感心しています。





片づけとは整理整頓だけでなく、「片をつける」と言う意味でもあるそうです。私にはもう一つ片を 付けなければならないことがあります。約40年前に始めて建物らしい風呂場などを作りました。その 屋根の母屋や下地が腐ってトタンが浮いてしまっています。放置しておくとこの冬の雪の重みで屋根 が抜け落ちてしまいます。屋根にのって葺き替えのできる身体ではありませんが、転落しないように 気をつけなが人生最後の仕事として12日頃から28平方メートルの屋根の工事を弟と行うつもりです。


にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳以上へにほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 北杜情報へ 「70歳以上」「北杜情報」のどちらか一つだけクリックの協力お願いします。

何でも作ろう   [棚池・4番目に掘った池(T4池)を造る]
・1/9・石が複雑なので水で間の土を流しました
・2/9・段々と池の形になってきたとき縄文土器の破片が出てきた
・3/9・この周辺から見つけました
・4/9・これだけ掘り起こしたので関係機関に届けました
・5/9・シートと金網を張る
・6/9・底面のモルタル塗り
・7/9・壁面のモルタル塗りも終えて完成です
・8/9・水を入れてみました。小さなゴミや土を入れて水漏れを防ぐ
・9/9・左が4号池・右が1号池・上が3号池・2号池は映っていません

今年は1号・2号の工事予定でしたが、砂がまだありましたので3号・4号池も作る事にしました。
1号から3号池まで順調に進んでいた工事でしたが、4号池を掘っているときに縄文土器の破片を見つけました。
関係機関に届け鑑定の結果は本物でした。役所の人が現場を見に来ましたが住居跡のような場所ではないようです。
工事しても良い事になりました。シートを敷き金網を乗せてから底面、壁面とモルタルを塗り一応完成しましたが水漏れは凄いと思っています。
1号池は殆ど水漏れはありません。2号・3号池もある程度はありますが、週に一度減った分を注水すればよいのでカエル飼育には問題ありません。
4号池も何回かの注水を繰り返すうちに水漏れは少なくなるでしょう。排水溝を少し低くしてしまいましたので水位が落ち着いたら調整します。
今年度も色々作りましたが、中にはモリアオガエル小屋のように使用出来ず、空き小屋になってしまいました。来春適当なペットでも飼いたいと思います。
これで今年度の工事は終りたいと思っています。カエルも近く冬眠・工事も終ったので近くランキングの振り分けを変えるつもりです。


にほんブログ村 住まいブログ DIYへ(ランキングに参加しました。クリックしてね。・別のはサイドにあります)
棚池3号 完成
3号池の穴掘り 9月29日撮影 底面のモルタル塗り 10月8日撮影 壁面のモルタル塗り 10月12日撮影 壁面のモルタル塗り 10月12日撮影 池に土をバケツ5杯入れる 10月12日撮影 排水管の満水位置 10月14日撮影 一晩で水位が下る 漏れはゴミが詰まれば直る ユキノシタでモルタル上部を隠す 

3号池と4号池同時に載せるつもりでしたが、4号池から土器の破片が出てきたため工事が遅れてしまい3号池だけ載せます。
昨日役所の担当者が来まして4号池も工事が出来る事になりましたので来週中に出来ると思います。

3号池も石が複雑になっていますので水漏れがまだ続いています。10回程度水を追加注入するとゴミが小さな穴などに詰まり水漏れが少なくなります。
全然水漏れのない池より、多少の水漏れはあったほうが水は綺麗になります。

「おきてがみ」設置しました

にほんブログ村 住まいブログ DIYへ(ランキングに参加しました。クリックしてね。・別のはサイドにあります)
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.