北杜市・自然の中で
山の中の独り暮らし、片目を失い福祉や医療機関、孤独死寸前までを綴る
200703<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>200705
母の闘病記念樹・枝垂桜
枝垂桜
1988年母が病気で倒れた。私にはきょうだいが7人いる。つまり8人きょうだい。私以外は家庭を持っており殆どが共稼ぎであった。
誰もが自分の家庭が大事であり、母の面倒は私が看ますという者はなく、長男である私が面倒を看る以外に方法はなく、会社を長期休暇することにした。
長期休暇と言うことは長期無収入と言うことであり、きょうだいの支援のない中で絶望に近い状態で、横浜から山梨に母を連れて来て過ごしていた。

その時、この苦しさを忘れないため植えつけたのが「母の闘病記念樹」である枝垂桜である。
翌年も長期休暇をとり母を山梨に連れて来て、秋には元気に横浜に戻ったものの12月に母は死んでしまいました。(平成元年)

このサクラも生存の危機が2度ほどあった。1度目はまだ植えてから4年の時、業者に倒木を頼んだら枝垂桜の植えたところに倒してしまい上部が折れてしまった。
また、数年前にこの周辺の木々に異変が起こった。8月頃からコナラ、クヌギなど木々の葉が落ち始め枯れ木のような状態が起こり、翌年この枝垂桜も僅かの花しか咲かせなかった。
その後、徐々に回復したが20年近く経っているのにこの程度の花の状態です。

この枝垂桜の咲く時期になると、当時の苦悩が思い出されます。きょうだいが少しでも手を差し伸べてくれたら今のような、きょうだい冷戦状態に近い関係にならなかったのではないのかと。


ホームページに書いた「母の死」つい最近までヤフー検索12万件中4番目まで上がり、トップに行くのではないか期待していたら、25番目に急落し現在は19番目。
また、「風林火山館」と「飛図温泉」が消えてしまいました。過去にも消えたことがあり原因は、タイトルにロゴを使っているため時々検索ロボットに見放されてしまうようです。
でも、また復活するでしょう。

ホームページ
母の死


スポンサーサイト
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.