北杜市・自然の中で
山の中の独り暮らし、片目を失い福祉や医療機関、孤独死寸前までを綴る
200703<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>200705
イカリソウ
イカリソウイカリソウ


庭のイカリソウも咲き始めた。庭の彼方此方に植えてあり、少し地温の違いがあり数日間のズレがある。玄関前のイカリソウだけが満開になった。
庭に何株のイカリソウが植わっているのか把握できていない。大分近所や知人にあげたが、こぼれ種による増殖もあり数えられない。
種による増殖は株分けと違い同じ花が咲かない。植えたことのない純白のイカリソウも出来てしまった。
こぼれ種による増殖も以前ほど増えなくなった。理由は種の上に落ち葉が積もり発芽しても育たないのだろう。今年から種を採り育苗場所に蒔いたり、株分けもしないと大株になると花つきが悪くなる。

今年は、イカリソウ酒を作る予定で、ホワイトリカー3.6リットル買ったので、1週間後に作る予定。以前も作ったことがあるが2-3ヶ月後の完成を待たずに飲んでしまった。
薬効についてはわからなかったが、独特な味がして美味しかった。今年は完成するまで飲まないように努力します。


イカリソウはメギ科の植物で別名三枝九葉草といい、花の名は花が錨の形に似ているので付けられた。
三枝九葉草は三つの枝に三枚ずつ九枚の葉をつけているのでこの名があるが、植物学的には三枝九葉で一枚の葉のようです。
薬用としては全草が用いられ、強壮、強精に非常に効果があるといわれています。草を乾燥させ煎じて飲むのもよし、一般的には薬用酒にして飲みます。
漢方の「インヨウカク」は日本のイカリソウでなく中国産の「ホザキノイカリソウ」ですが、薬効に差はないといわれています。

この、イカリソウの育て方は簡単で、半日影の排水の良い場所に植えれば育ちます。我が家は手を加えなくともよく育ちます。
この地域には、まだ自然のイカリソウが自生しています。育ててみたい人、少しなら差し上げます。ただし、武川町のフレンドパーク近くまで取りに来られる人に限ります。


今日、福寿草の種を採り蒔きしました。イカリソウは3年程度で花をつけます。福寿草も4年程度で花が咲くとどこかのホームページに書いてありました。

スポンサーサイト

テーマ:田舎暮らし - ジャンル:日記

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.