北杜市・自然の中で
山の中の独り暮らし、片目を失い福祉や医療機関、孤独死寸前までを綴る
200703<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>200705
ホップの芽とカキドオシ
ホップの芽カキドオシ

ホップはクワ科のつる性植物でビールなどに使われるもので、雌雄異株ですがビールには雌株だけが使われるそうです。受精させると味が落ちるらしい。
花は球花と呼ばれる提灯のようなものです。私は、熟した種を使うと思っていましたが、受精させないのですから、種が出来ることはなく、まだ青いうちに収穫して使うようです。
生長は早く一日20センチも伸び、高さ9メートルにもなるそうです。

10年程度前から庭にホップが生えて物凄い勢いで生長し、木にからまり何本かの木を枯らしてしまいました。
地下茎で伸び我が庭の厄介者で困っています。
以前、テンプラにして食べたことがありますが、美味しくありませんでした。あるブログに茹でて醤油をかけて食べると美味しいと書いてありました。今日は茹でて食べてみました。

カキドオシはシソ科の植物です。シソ科の特徴は茎が四角になっています。
生長の早い植物で、垣根を越えて隣の庭まで行ってしまうので、この名があるそうですが、本当かどうかは分かりません。
和製のハーブと言われ、葉を揉むと独特の良い香りがします。この草は食べられるようですが、美味しくないと本に書いてありました。
テンプラが良いと書かれていましたが、ホップの芽のように茹でて食べてみました。


ホップの芽は茹でると綺麗な緑色になり、鰹節をかけて食べましたが、美味しいというほどではないが、食べられる味でした。
一方、カキドオシは茹でているとき良い臭いが部屋中に広がりましたが、食べるときには臭いは消えていました。
こちらも食べて抵抗のない味でした。

私が使用する山菜や野草やキノコは全て庭で調達しています。


スポンサーサイト
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.