北杜市・自然の中で
山の中の独り暮らし、片目を失い福祉や医療機関、孤独死寸前までを綴る
200704<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200706
新緑とチゴユリ
パソコン室から見た新緑の庭とその周辺

新緑

この周辺の新緑も日をおうごとに緑が増してきた。寒くもなく暑くもなく一番良い季節である。

ウグイスも啼きだし春本番といった感じ。
ウグイスの数は5-6羽か?。広範囲なのに少ないように感じるが、雄には縄張りがありそれなりの面積を所有するので、聞こえる鳴声数はその程度だろう。
人の話声が異なるように、ウグイスの鳴声も異なり、啼き初めの頃は聞いていても面白く感じる。
後、10日もすれば薄緑から濃い緑と変化する。



庭のチゴユリ背後の壁は腐葉土を作るピット

チゴユリ

15年位前だろうか、犬と散歩していると雑木林の中でチゴユリの群生に出会った。その林の中の山道まで広がり物凄い数だった。
山道にある10株程度採集して庭に植えた。その場所でも良く育ったが球根の花壇を作るため現在の場所に1坪程度の花壇を作って移植した。
現在は写真のような状況で、1坪でも不満なのか通路まで飛び出しその勢力を伸ばしている。

自生地のチゴユリは、雑木林は切られその後に檜が植林された。チゴユリは自生地では全滅してしまった。
雑木より檜の方が儲かるかもしれないが、里山から雑木を締め出すと生態系も変化してしまう。
猿の生活拠点もなくなり人里までやってくる。猪や熊もドングリがなくなり飢えて人里まで来る。
まだ、近所では人的被害はないが、農作物の被害は増加している。
昨夜だろうか、今朝だろうか、今日食べる予定のシイタケを猿に全部盗られた。

スポンサーサイト
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.