北杜市・自然の中で
山の中の独り暮らし、片目を失い福祉や医療機関、孤独死寸前までを綴る
200704<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200706
植物採集・トリカブト・アマドコロ
トリカブト
植物採集第2回。どのような土地にも所有者がいるので、気に入った草花があるからといって採集することは出来ません。
一重のヤマブキの採集の時書きました、離れた場所の所有地からの採集です。ただ、山道の真ん中に生えて、自動車や人に踏まれる恐れのあるものは採集する場合があります。

今日の目的は猛毒のトリカブトとオケラでしたがオケラは一株も発見できませんでした。トリカブトは8株程度採集しました。

アマドコロ

オケラはキク科の植物で、花はあまり綺麗ではありませんが山菜としては有名です。タラの芽、オケラ、トトキ(ツリガネニンジン)などが山菜の王者と呼ばれています。
オケラはアクもなく美味しい山菜です。

アマドコロはユリ科の植物です。根が食料になりますがまだ食べたことがありません。
根が食料になるものは生命を奪うのですから食べにくいです。
小さいものを含めて10株程度採集しました。

蕗の種

山菜の蕗の薹をそのまま放置すると写真のようなタンポポに似た綿みたいな種が出来ます。
前に、蕗には雄株と雌株があり、染色体が2倍体と3倍体があると書きました。
3倍体は種が出来ませんとも書きました。いずれにせよ写真の種は発芽しないでしょう。
今年、生えた蕗の薹はこれ一つでしたので、受精は出来なかったと思います。(接写はピンボケでした)



スポンサーサイト
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.