北杜市・自然の中で
山の中の独り暮らし、片目を失い福祉や医療機関、孤独死寸前までを綴る
200704<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200706
浅間高原しゃくなげ園
泊り客の一部

旅行は近場ばかりになってしまった。理由は、行きは良いが、帰りが遠いと疲れるという単純なものである。
伊香保温泉、など検討したが安くて部屋が広くトイレつきの宿は見つからなかった。
少し手前に鹿沢温泉に休暇村鹿沢高原と言う宿がある。その宿に衝動的に予約して出かけた。
などの記事は明日以降にして今日の出来事だけを書きたい。
宿のイベントの5月はしゃくなげ園見物と言うことが書いてあったので申し込んだ。
費用はお茶つき、ガイド付きで700円。宿のバスで案内し、そして宿に引き返す。
シャクヤク園

応募者18名。宿からバスで約30分の場所にある。しゃくなげが凄い数が植わっているが、全てが奇麗に咲いているわけではない。
下の土地から山の上の方まで植わっているので、標高の低い場所から標高の高い方に花が移動していく。何株あるか検討のつかない株数である。
今回は老人の集団で、見物時間の制約(宿の人だけ)があるため、奇麗な場所は一部しか見られなかった。
宿を9時に出発して、12時近くに宿に戻る。今日しゃくなげ見物をした人は2泊以上の人かもしれない。
私はすぐに、自動車に飛び乗り帰路に着き、途中食料の買い物などして3時に戻る。

外部ファイル、10枚の写真

浅間高原 しゃくなげ園
スポンサーサイト
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.