北杜市・自然の中で
山の中の独り暮らし、片目を失い福祉や医療機関、孤独死寸前までを綴る
200705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>200707
庭の橋
庭も新緑の季節も終わり濃い緑になって、いよいよ雑草の季節になりました。
今までは、雑草もそれなりの役に立っているので、殆ど採ることはありませんでしたが、今年から、毎日1時間程度雑草を採ることにしました。
その庭ですが、普通の家庭の庭と違って、我が家の庭には橋が6箇所かかっています。現場を実測し橋の形を考え、コンパネを加工して仮枠を作り、鉄筋を組んで、最後にコンクリート打ち。
セメント1、砂3、砂利3(通常は1:3:6の割合)の割合で昔ながらのスコップで手練作業、誰の助けも借りず一人で作り上げました。
特に手摺の組み立て部品を作るのは大変でした。寸法を間違えないように慎重に製作しました。
手摺1本の重さが100キロを越えていますので、怪我をしないように取り付け工事を行いました。
殆ど同じ場所に木材を使って橋を架けましたが、湿度が高く5-6年で腐ってしまいました。
2003年までは真面目に作業していたのですね。いつから怠け者になってしまったのだろう。

【沢の上流の橋】幅90センチ・長さ3.7メートル・製作1987年

上流の橋


【沢の中流の橋】幅70センチ・長さ4.5メートル・製作2003年

中流の橋


【沢の下流の橋】幅100センチ・長さ3.6メートル・製作1988年

下流の橋


【池の中央の橋】幅70センチ・長さ2.8メートル・製作1987年

池中央流の橋


【池の末端の橋】幅50センチ・長さ2.7メートル・製作2003年

池の橋


【横断歩道の橋】幅90センチ・長さ4.5メートル・製作2002年

横断歩道橋




昨日、山梨県フラワーセンター(ハイジの村)に行ってきました。バラなどが奇麗でした。
写真は、ホームページの「雑記帳」にあります。

【雑記帳 5-6月】

スポンサーサイト
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.