北杜市・自然の中で
山の中の独り暮らし、片目を失い福祉や医療機関、孤独死寸前までを綴る
200705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>200707
休暇村 南伊豆
休暇村 南伊豆
私が仕事を引退して15年。
旅行も3年前から復活したが、海をこの15年間見ていないので、海を見に行くことにした。
私の旅行はじゃらんで予約しているので伊豆半島を見ていたら、「休暇村 南伊豆」が目に止まった。すぐに予約する。
予約してから、地図で距離を計算すると240キロあり、どこかに立ち寄ると250キロ。近頃の旅行は160キロ程度に抑えていた。
平均時速50キロとして5時間。先日、登山で5時間も歩いて大丈夫なので何とかなるだろう。(途中は省略する)


部屋
2時30分に到着した。
3時にチェックインなので浜を散歩して時間を潰す。
3時に手続きを済ませて部屋に。十畳の部屋と3畳程度の場所とベランダ付き。
そしてバス、トイレ付き。通常、バス付きでも、トイレと一緒の宿が多いが、この宿では別のに作られている。
でも、部屋の近くに大浴場があったので使わなかった。
大浴場も今まで泊まった宿の中では大きな風呂だった。
夕朝食ともバイキング形式だった。これで、平日割引の一泊8900円。(本館は7900円)一人旅だといって割り増し料金は取られない。


弓ヶ浜
宿の前がすぐ海なので、夏なら水着のまま海に行ける感じ、プール(夏の期間のみ)もあり夏場はこの宿も賑やかになるのだろう。
夕食後、7時30分から「ホタル見物」マイクロバスで10分離れた場所に案内される。(無料)
ただ、ホタルの名所ではないので乱舞するような場所ではない。
12日、出かけたが数匹程度が確認できた。
そして、朝は近くの場所までウオーキングなどの無料サービスがある。
前回の旅行「休暇村 鹿沢高原」や今回の「休暇村 南伊豆」共にイベントなどを行い集客のためだいぶ努力していることが感じられた。

外部ファイル-写真10枚【休暇村 南伊豆】


休暇村 南伊豆【ホームページ】



スポンサーサイト
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.