北杜市・自然の中で
山の中の独り暮らし、片目を失い福祉や医療機関、孤独死寸前までを綴る
200705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>200707
八島湿原(八島ヶ原湿原)
八島湿原

八島湿原
八島湿原は八島ヶ原湿原、七島八島などと呼ばれる湿原で天然記念物に指定されています。
私が、この八島湿原の駐車場に来たのはこれで3回目ですが、過去の2回は湿原を歩いていません。
3年前、旅行を再開したときに始めての旅が霧が峰高原でした。
そして、この駐車場に止めてから気がつきました。
ハイキングのための靴を忘れてきてしまい散策を中止することにしました。

2年前は、ニッコウキスゲの季節にきて、この駐車場に一旦止めました。
早朝なので駐車場はガラガラの状態でしたが、気が変わり先に美ヶ原の方の散策を先にすることにしました。
美ヶ原のテレビ等まで歩いたり、美術館を回って昼過ぎに、八島湿原の駐車場に戻りますと様子が一変していました。
満車状態で車が順番待ちの状態であきらめて別の場所に行きました。
この八島湿原、観光シーズンにマイカー規制がされるとの事ですが、どのような規制なのか分かりません。


八島湿原
6月27日、3回目で始めて八島湿原を回りました。
まだ7時前なので駐車場はガランとしていました。
トンネルを潜りいよいよハイキングでしたが、湿原は霧が出ていて見通しが悪く、霧の少ない沢渡方向に歩き始めました。
2本の木道が整備され快適に歩きました。
花はアヤメなど数種咲いていましたが、期待はずれの感がありました。木道も終ると遺跡がありましたが、写真の様な簡単な看板でした。

ここからが、折り返し平らな石を敷き詰めた道を歩くと広い道に出ました。
この奥にキャンプ場があるのでそこまでは自動車で行けるそうです。
この頃になりますと、霧は完全に消えてしまいました。
キャンプ場か分かりませんが建物を過ぎると再び木道が整備されていました。
そして元の場所に戻りましたが、結果としては霧が出たものの天候にも恵まれよい散策でした。
一周約1時間半と書かれていましたが、写真を撮りながら歩きましたので、2時間はかかったかと思います。

外部ファイル-写真14枚
【八島湿原】



スポンサーサイト
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.