北杜市・自然の中で
山の中の独り暮らし、片目を失い福祉や医療機関、孤独死寸前までを綴る
200706<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200708
ネムノキ

合歓の木

台風は昼頃山梨にもっとも近く接近すると、ラジオで放送されていました。朝から強い雨が降っています。
この合歓の木は一才合歓の木で、30年前に横浜で種から育てたものを持ってきました。
しかし、家のすぐ側に植えたために大きくなりすぎ、何回も切り倒しましたが生命力が強く、今まで生き続けています。

ネムの花
そして、種がこぼれて庭の彼方此方に生えていますが、それほど大きく生長していません。
原因は冬の季節になりますと猿は餌がないのか合歓の樹皮を食べて丸裸にしてしまいます。
食べられた所は枯れてしまいますが、根元から芽が出て生長を始め、それの繰り返しをしています。
撮った合歓の木はパソコン室の側に植わっていますので、食べられても少しだけなので毎年花を咲かせます。
しかし、後2週間もすれば伸びた葉はボロボロになってしまいます。
キリギリスがこの葉を食べに来ます。

雨のため外に出て撮影が出来ませんのでパソコン室から撮りました。
シャッター速度を1秒にしましたが原画像でもよく見ないと雨だれは確認できません。
花は一昨日に撮ったものですが、雨にあたったもので本来の形ではないと思います。


スポンサーサイト
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.