北杜市・自然の中で
山の中の独り暮らし、片目を失い福祉や医療機関、孤独死寸前までを綴る
200708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>200710
車山

登り口
9月3日、北横岳も予定より早く歩け、11時20分には自動車に戻りました。
これから真っ直ぐ家に帰るのも早すぎるので、何処に行こうか迷いました。
横谷渓谷、御泉水自然園、霧が峰、八島湿原は曇っても行けます。
天気が良いので、展望の良い車山に登ることにしました。
ハイキングコースの入口は一番奥の商店の奥から始まります。
階段の道が整備されています。

白樺湖
階段の道を登ったところが、白樺湖方面と車山方面の分岐点になっています。
ここから、蓼科山や白樺湖が良く見えます。

駐車場
コースは砂利道ではありますが、道幅広く勾配もなく歩きやすい道です。
駐車場が段々と遠くなっていきます。

展望
進むと道は二つに分かれていますが、どちらもリフトの乗り換え駅の前に出ます。
更に進むと八島湿原方面と車山山頂方面とに分かれます。
山頂方面に進むと砂利に木屑を混ぜたゆるい階段状の道になります。
ドームも段々と近づいてきました。

最後の登り
最後の階段の道ですが、急勾配なので少し厳しいです。
この周辺に花は沢山咲いていました。

登ってきた道
登ってきた道を振り返るとだいぶ歩いたように見えますが、駐車場から車山山頂まで約2km、標準タイムは80分だそうです。

展望
私のタイムは、計りませんでした。頂上は後一歩です。ここは頂上の駅付近の展望です。

山頂

山頂に着きました。気象観測用のドームです。

展望

美ヶ原方面の展望です。

展望

良い天気で楽しんだ山歩きも終わりです、帰りは疲れましたのでリフトで降りることにしました。
車山周辺も、マツムシソウ、トリカブトヒヨドリバナ、ノアザミなど沢山の花が咲いていました。
前三ッ頭、入笠山、千頭星山などで載せていますので、メモリー節約のため今回は載せませんでした。





車山周辺は、どの季節に来ても良いとは思いますが、個人的にはニッコウキスゲの時期が一番奇麗だと思います。
2005年7月20日に登った時のニッコウキスゲの写真を2点だけ載せます。

ニッコウキスゲ


ニッコウキスゲ


スポンサーサイト
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.