北杜市・自然の中で
山の中の独り暮らし、片目を失い福祉や医療機関、孤独死寸前までを綴る
200708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>200710
屋上の鉢


6月初めまでは鉢植えは全然なかった。
中旬から鉢植えを再開して約3ヶ月、数えてみたら70鉢になっていた。
全てが購入したわけではありません。
種で育て庭植えにしたものの育ちが悪いものを鉢植えにしたものなどもあります。
屋上には300鉢程度は置けると思うが、来年中に満杯になってしまう。


花が咲くと、蜜蜂や蝶なども沢山来きます。
蜜蜂は別に問題はないが、蝶が来て蜜を吸うのは良いのだが、問題を残して行ってしまう。
卵を葉の裏に産みつけてしまい、孵った幼虫が葉を食べてしまう。


バラ葉が食い荒らされていたので良く見ると蝶の小さな幼虫10数匹発見した。
捕らえたがどうするかなるべく殺したくはない。
今までは屋上から下の雑草の所に投げていたが、今回から親の顔を見たくなり育てることにしました。
他の植物も調べると大きくなった幼虫もいました。


ツリフネソウは今が満開になっている。
写真の場所はキノコが生えてくる場所なので出来るだけ早く抜き取りたいが、屋上から見ると沢山の蜜蜂たちがやってきて、ツリフネソウから蜜を集めている。
今月いっぱい抜き取るのを待つことにします。
早朝から薄暗くなるまで働いている蜜蜂を見ると、遊んでいる私、少しだけ罪悪感のようなものを感じます。

スポンサーサイト
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.