北杜市・自然の中で
山の中の独り暮らし、片目を失い福祉や医療機関、孤独死寸前までを綴る
200708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>200710
霧が峰・車山


今日は横谷渓谷に行く予定でしたが、天気予報では良い天気になりそうなので、予定を変更して霧ヶ峰や車山湿原と周辺の山を登ることにしました。
したがって、諏訪の元町から登ることにしました。
霧ヶ峰着く直前になって霧が出て駐車場はご覧の通りの霧の中でした。


駐車場高原の案内板です。
少し歩き始めましたが、霧ヶ峰はあきらめることにしました。


そして、車山肩の駐車場に行きました。
ニッコウキスゲの時には駐車場待ちの車で渋滞を起こす場所ですが、私の車を数えても2台の寂しさです。
ここから、車山山頂まで40分です。
車山は先日に登ったばかりですが、こちらからは登ったことはありませんので、登ることにしました。


勿論、頂上に着く頃には霧が晴れると打算がありました。
視界は10メートル以下です。道は広いので迷うことはありません。
地面に1.5センチほどの虫が何万匹も歩いていました。
40分で山頂に着きましたが、誰もいません。山頂に私だけの世界。
計算どおりには行かないもので、霧は深くなり風は強く夏用の衣服なので寒く感じました。


霧では焦点が合わず、シャッターが切れませんので、時折霧が薄くなった時に撮りました。
霧が晴れて雲海になったら最高だと30分程度待ちました。
今日は昼までには霧はなくなるとは思いますが、そう長くは待てませんので下山しました。
霧ヶ峰や車山は1時間と少しの距離なので又立ち寄るつもりです。
今日の最初の予定の横谷渓谷に計画を戻すことにし、横谷渓谷に向かいました。
白樺湖は霧はかかっていません。霧が峰、車山周辺の独自の気象なのでしよう。
良くとれば、晴れた日にはこの様な写真は撮れないのですから。


スポンサーサイト
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.