北杜市・自然の中で
山の中の独り暮らし、片目を失い福祉や医療機関、孤独死寸前までを綴る
200801<<1234567891011121314151617181920212223242526272829>>200803
雪道の散歩

昨日14時頃から降り出した雪は今朝3時に起きた時には止んで星が出ていました。
予報を下回り15センチの新雪でした。

今年になって、雪の写真を撮りに近所を歩いたことはありますが、1時間以上の散歩をしていません。
今回の写真撮影を兼ねて1時間半ほど散歩に出かけました。


誰かが新雪の中を走ったようで、その車輪の跡を歩くと普段の散歩と同じような時間で歩けました。
広域農道に出ると除雪はしてありました。
普段でさえ交通量の少ない場所ですので、除雪の必要があるのか疑問です。
フレンドパークと言う公園がありますが、冬期は休園なので中には入れません。
前を通り、甲斐駒大橋まで行きました。
(写真は別荘の人達利用する道・ここは除雪はされません)


写真は甲斐駒大橋から見た甲斐駒ヶ岳です。
晴れてはいますが、頂上付近は薄雲がありすっきりしません。
これより、先に進むと帰りが大変なので戻ることにしました。


下の別荘付近まで来ると道路に小さなキャタピラの跡があり、中段の別荘まで来るとその正体が分かりました。
小さな除雪機で除雪作業をしていました。
作業をしている人は一番したの人です。つまり自分の通る道ではないのに作業していました。
感心しましたが、私なら自分の使わない道の除雪作業はできないかもしれません。
(八ヶ岳・霞がかかりボケて見えました)

今回の雪の写真は下の「08年・雪の状態」に15枚ほど載っています。





スポンサーサイト
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.