北杜市・自然の中で
山の中の独り暮らし、片目を失い福祉や医療機関、孤独死寸前までを綴る
200802<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200804
オウレン・ピラカンサ・越冬植物

庭で一番先に咲きだすのが、オウレンですが、今年は雪に埋もれてフクジュソウにその座を奪われてしまいました。
オウレンは色々な種類があるそうですが、これが何オウレンだか分かりません。
10年以上も前に知人から貰った物で、丈夫な草で放っておいても毎年花を咲かせてくれます。
ただ、花の小さいのが欠点で今まで良く観察したことはありませんでした。


オウレンは常緑の薬草です。
この寒い地でも平気に緑を保っています。
通常ですとこぼれ種で増えるのですが、落ち葉が多く発芽しても育たないので、増えることも減ることもなく育っています。
雌雄異株なのですが、どの株が雄株か雌株か今まで調べたことがありません。
庭にも他の薬草もありますが、医者の薬を優先させるため薬草を使うことはありませんし、また素人が薬草を使用するのは危険です。


この可愛そうなピラカンサの木、以前も大きく育って実をつけていた木がありましたが寒さのため枯れてしまいました。
この木もまだ緑の葉の残った部分がありますので回復するとは思っています。
冬に養生してあげないと思いつつ何もしないので罰が当たったようです。
2-3年前、椿も何株か植えましたが全滅しました。
寒さのため常緑樹は育たない我が庭です。


秋に越冬のため下のピットに入れて枯葉を被せた所を、昨日掘り起こし全部出してみました。
山野草がどれだけ生き延びているかまだ分かりません。
何十鉢を屋上まで運ばなくてはなりません。
特に素焼き鉢のものは重く大変な作業です。
一日に全部運ぶのは大変なので、急いで日光に当てなければならないものを優先して運びました。
後は、一日2-3鉢運び今月中に終えるつもりです。




スポンサーサイト
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.