北杜市・自然の中で
山の中の独り暮らし、片目を失い福祉や医療機関、孤独死寸前までを綴る
200802<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200804
ナメコ・原木・紅梅

3月20日の雨の中、知り合いの甲府の人が桜の原木30本届けてくれた。
後10日くらいで桜の季節になるだろう。
その頃が、原木にキノコの菌を植え付けるのが良いと本に書かれていた。
昨年の秋、庭でコナラやクヌギを倒して原木を作ったが、これはシイタケ用。
ナメコには桜が適しているようだ。もしこの記事を親族が読んだなら覚えていて欲しい。
ナメコのホダギには他人資本も入っているので、私が万一の時にはキノコの生えてくる数年間は採集を快く認めるように。


昨年ブログ1ヶ月の記念樹として、屋上の畳1枚位の鉢に紅梅を植えた。
加温はしていないので庭植えと条件は同じだが一番先に花を咲かせました。
まだ、小さな木ですが大きく育てたいと思っています。


春が来たとはいえ、まだ水仙はこの程度しか育っていません。本格的の春は4月に入ってからです。
寒い地方の春は梅、桜など殆ど同時に咲くことになります。
水芭蕉の苞が開きましたが、もう少し大きくしてから写真を撮りたいと思います。


今一番元気なのはこの花です。何と言う雑草か分かりませんが、ツツジの鉢にはびこっています。
花のない季節なので抜かずにいますが、そのうち抜かないとツツジが育たなくなってしまいます。
私は鉢などを買った時に付録のようについてくる、小さな雑草の芽のようなものを大事に育てます。
時には価値あるものに育つことがあります。





スポンサーサイト
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.