北杜市・自然の中で
山の中の独り暮らし、片目を失い福祉や医療機関、孤独死寸前までを綴る
200803<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>200805
ナメコ菌植え付け

今日からキノコ菌の植え付けを行うことにしました。
冬の間に作業場を片付けるつもりがまだ散らかっています。
出来上がったものは外にすぐ出すので、すぐに広く使えると思います。
朝、決めた作業だけ行い時間が余っても作業は中止します。


簡単な駒菌から作業を始めます。今日はナメコ1500駒だけの作業です。
一瓶に500駒は行っていますので3瓶だけの作業になります。
使用するものはドリルとハンマーだけです。
錐は8.5ミリ。種菌メーカーにより少し差があるので種菌メーカー買ったほうが無難です。
錐にはストッパーが付いています。


原木が回らないように台に乗せて穴あけをします。
穴あけの間隔は個人によってまちまちです。
また、キノコ栽培の本を見ても皆違っています。
私の場合は90cmの長さの原木で、端から5cmいったところから20cm間隔ですが、今回は完全なホダギを作りたく16cm間隔としました。
菌の数を多くすれば、良いホダギになりますがコストの関係でやたらと増やせません。
横に3-4セン移動したところが次の列になり、前列の穴の間にあけます。


このように、千鳥に穴をあけていき、後は駒菌を穴に差込みハンマーで叩くだけです。


出来上がったものは、写真のように積んで乾燥させないようにします。
このように、して5月中旬の新緑になる頃まで、菌が原木に広がるように努めます。
勿論、太陽に当ててはいけないので、遮光ネットをかけておきます。

今日出来たのが、桜原木で30本。コナラ原木で6本でした。
ナメコが発生するのは来年の秋です。
私70歳を超えてしまいますが、食べられることを願っています。





スポンサーサイト
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.