北杜市・自然の中で
山の中の独り暮らし、片目を失い福祉や医療機関、孤独死寸前までを綴る
200804<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200806
ヒキガエル・オタマジャクシ

(インラインフレームで書いています。一部の機種では見ることが出来ません。)

庭に池がありますが、その池に毎年ヒキガエルが産卵に来ます。
毎年観察しているのですが今年は交尾の様子は見ることが出来ませんでした。
また、一般の蛙も産卵にやってきます。

ヒキガエルのオタマジャクシが大きくなりました。と言っても5円玉と比較しても意外と小さいのです。
毎年、数千と言う小さな蛙が巣立っていきますが、天敵が多く親になるまでなかなか育たないようで、4年程度で親になり産卵に来ると言われていますが、年々数が少なくなっています。
特に庭には蜥蜴が多く、蛇より小さな蛙には天敵だと思います。
一説によると、ヒキガエルを蛇は毒を持っているから食べないと書いているブログなどもありますが、そのようなことはなく捕まった蛙を救ったことがあります。

写真を撮っているときには気が付きませんでしたが、時計と反対回りに泳いでいます。
偶然なのか地球の自転に関係あるのか私には分かりませんが、親の躾がよいのか規律がとれている様にも見えます。




スポンサーサイト
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.