北杜市・自然の中で
山の中の独り暮らし、片目を失い福祉や医療機関、孤独死寸前までを綴る
200804<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200806
シイタケ・ホダギ

庭の作業も沢山あるが、5月は胃の検査、大腸の検査など体に関する用事があり作業はほとんど行わなかった。
20日に一段落、検査結果待ちのものもあるが、体を少しでも動かせなければと思い今日から作業することにしました。
新緑の季節も過ぎ、葉は濃い緑となり日影も多くなって、キノコのホダギの移動する時期となったので、この作業をすることにしました。
と言っても、70歳まで1年を切った私、それほど重労働は出来ません。

これが、シイタケ小屋ですが、金網やドアも腐って今は猿が自由に出入りしている。
猿の残り物のシイタケを私が食べている状態が3-4年続いている。



金網やドアの修理は秋のキノコの季節まで行えばよいので、とりあえずこの小屋にホダギを入れることにしました。
3m×3m の小さな所ですが、古いホダギが散らかっていたり、雑草が生えていたりしています。
まず、古いホダギを全部外に出し、小屋の内部を鍬で耕し整地しました。
この上に綺麗な砂をまけばよいのだが、沢からの砂の採集はホタルに影響がありそうなので現在は行っていません。
もともと、シイタケのホダギが入っていた場所なので大丈夫だと思います。





ホダギを置くのに立てて置く方法と井桁に置く方法がありますが、金網の修理のことを考えると井桁に置くことにしました。
写真のように太さにもより、4本から6本並べて積み上げます。
ただ、やたらと高く積み上げると上のほうは湿度が得られなくなるため5段程度がよいかもしれません。
本来なら、2ヶ月程度で上下を入れ替えればキノコは良く出るのですが重労働です。

今、置いてある場所からここまで、片道100歩の距離があり往復200歩も歩かなければなりません。
ホダギは意外と重く太いのは1本、中くらいのは2本が限度で、午前中に運べたのは写真に写っているだけでした。
今日は、耕すなどの作業がありましたので、明日中にシイタケだけは終らす予定です。
作業は一応午前中だけと決めております。






スポンサーサイト
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.