北杜市・自然の中で
山の中の独り暮らし、片目を失い福祉や医療機関、孤独死寸前までを綴る
200808<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>200810
沢の護岸工事

シイタケ小屋の作業は、昨日金網を張ったが1巻では足りず金物屋(在庫がなかった)に取り寄せてもらうので、それまで作業は中止にしました。

庭の真ん中に沢が流れていることはブログでも度々書いています。
写真では見づらいが、沢の水面と岸の差が殆どなく台風や大雨が降ると陸の部分に水が入ってしまいます。
大きな台風が来ると濁流が池に入り込む危険性もあるので護岸工事をすることにしました。


体調は最悪。腰痛で腰に腰痛ベルトを巻いての作業となりました。
工事予算はどの工事も最低限で行っています。
この護岸工事の予算はゼロ円で行います。

石は現場から80メートル離れた庭の隅に置いてありますので一輪車(通称、猫車)で運びます。
この石は数年前近所からもらったものです。
以前は重く思わなかったのに、今日は重く感じ腰をこれ以上痛めないように注意しながら行いました。


沢面に一列に積んだだけでは、強度不足なので2列または3列に石を並べます。
1日の作業4時間として3日程度かかると思います。

この積んだ石は原則的に表面を苔で覆うようにしたいと思っています。


下流から見た護岸工事現場です。
見える橋は3.6メートルあります。
沢にかけた橋は3ヶ所ありますが最初に作ったアーチ橋です。





スポンサーサイト
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.