北杜市・自然の中で
山の中の独り暮らし、片目を失い福祉や医療機関、孤独死寸前までを綴る
200808<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>200810
リーマンブラザース・山一證券
14日、アメリカの投資銀行リーマンブラザースが破綻しました。
月曜日のダウ平均株価は大幅な値下がり、それを受けた東京市場は平均株価が600円以上も値下がりしました。
リーマンブラザースは山一證券のように「飛ばし」をやっていたそうです。
他の金融機関に救いを求めましたが、何処もお金を出してくれる金融機関はありませんでした。
アメリカ政府は「公的資金はだせない」と冷たくあしらいました。

山一證券の時も日本政府は「公的資金は出せない」と自主廃業に追い込みました。
AIG の問題や他の金融機関の問題を抱え当分アメリカの景気は回復しないかもしれません。

日本はアメリカ以上に深刻な不況に向かって進んでいます。
それに対処しないで、政治遊びを展開しています。これでよいのでしょうか。
日本も対岸の火事では済まされません。日本の銀行も被害を受けています。
貸し渋りがおこり、また10年前に逆戻りになるかもしれません。
このアメリカの投資会社倒産が回り回って、あなたの勤めている会社が倒産するかも知れないのです。

私も今回の暴落で被害を受けましたが、山一證券の倒産(自主廃業)より全ての銘柄が値下がりしているのですから気が楽です。
山一の時は政府が見殺しにするとは思っても見ませんでした。
橋本、三塚、長野の名は忘れることはないでしょう。





スポンサーサイト
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.