北杜市・自然の中で
山の中の独り暮らし、片目を失い福祉や医療機関、孤独死寸前までを綴る
200902<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200904
75歳以上痴呆症の検査
昨日、75歳以上の高齢者に痴呆症の検査を行い、痴呆症の者に運転免許の更新を行わないと放送していました。
本当にこの様な法律が出来るのだろうか疑問に思ったのは私独りだろうか。
私も後2ヶ月で70歳になり、75歳まではまだ時間はあります。

交通機関の発達している都会なら老人は困らないと思いますが、田舎で独り暮らしの老人には買い物や病院に行くにも自動車以外に交通手段はありません。
もし、法律が出来てその法律を守りなさいというのなら、社会福祉のネットを整備してからお願いします。
ただ、法律を守れと言うだけでは、老人に餓死を押し付けたり自殺者を出す悪い法律になってしまいます。

福祉ネットなしに、私が痴呆症のために免許更新出来なかった場合、私は堂々と無免許運転を行うつもりです。
私を逮捕して起訴して有罪に出来るだろうか疑問です。

精神異常者は判断能力がないとして、殺人を犯しても無罪になります。(すぐ釈放されることはない)
警察が、あなたは痴呆症で判断能力がないと認め免許更新をしなかった者を有罪に出来るのだろうか。
また、殺人者のように身柄を拘束して施設に入れるといえば、一部の老人は喜ぶかもかもしれません。
いずれにせよ、あらゆる点を考えて法律を作るべきだと思います。

それより先に、警察官の適性検査を行った方が良いと思うのは私だけでしょうか。
警察官のピストル自殺、セクハラ、不明瞭な会計処理や裏金の問題等、先にこちらの方をお願いします。





スポンサーサイト
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.