北杜市・自然の中で
山の中の独り暮らし、片目を失い福祉や医療機関、孤独死寸前までを綴る
200903<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>200905
ヤマブキ・ヤマブキソウ
・1/6・ホオノキ・新緑が寒さのため枯れてしまった
・2/6・八重ヤマブキ
・3/6・八重ヤマブキ
・4/6・二重ヤマブキ
・5/6・自生しているヤマブキ
・6/6・ヤマブキソウ


この切り替えはHTML+TIMEで行っています。

昨日の朝は霜が降りたのか折角大きくなってきた朴の葉と同じ仲間のモクレンの葉が枯れてしまいました。
1ヶ月もすれば新しい葉が出てきます。
ヤエヤマブキは横浜で育てていたものを植えました。梅雨の季節に挿し木をしていますので増えています。
二重のヤマブキで花びらは9枚ついています。5枚のヤマブキの変種だと思いますが詳しいことは知りません。
ヤマブキと呼ばれる一重のものはこの周辺に自生しています。
ヤマブキとは違いますが、ヤマブキソウも咲き出しました。こちらは草で花びらは4枚です。
これから本格的に咲くと思います。機会がありましたら満開の写真を後日載せたいと思います。




スポンサーサイト
シイタケ・コシアブラ・ギボウシ・ヨモギ

朝から雨が降り午後から強く降っている。
山桜も散り、雨に濡れた新緑の世界になり朴の葉もだいぶ大きくなってきた。

写真はシイタケ・コシアブラ・ヨモギ・ギボウシ
今は10日に1度程度しか買い物に出かけない。
買い物の日2-3日前になると冷蔵庫の中はは殆ど空の状態です。
そこで、庭から食料を調達してきて間に合わせている。
昨日の夜食の食材は写真のようなものです。
シイタケ・昨年春菌を植え付けたがホダギにまだ菌が回っていないのか僅かしか採れない。
一度に沢山出るより少しずつ採れれば良いと思っています。
コシアブラ・タラの芽と同じ仲間のウコギ科で、高木になります。
庭に沢山植えてあるがまだ小さな苗なので、ある程度大きくなった木から採りました。
この近くの直売店でも売っているようです。おしたし、テンプラ、油炒め、味噌汁などに使えます。
ヨモギ・有名なので説明する必要もないですね。
ギボウシ・ユリ科の植物で一般の人は食べないかも知れません。
庭には自然のギボウシが沢山生えて、ウルイという山菜名がついています。
私は普通の小松菜などの葉物の野菜と同様に使っています。
今回はこの4種類ですが、セリ、ワラビ、フキ、サンショウ、ツリガネニンジン、オケラなど冷蔵庫が空になると利用しています。




モリアオガエル用仮設池

毎日のように緑が増えて、新緑の季節になろうとしています。
写真はパソコン室から外の風景です。
何処にも出かけませんが、庭の水芭蕉を見て尾瀬に行ったつもり、山野草を見ては高原に行ったつもりと、安上がりの生活をしています。
このところ、庭の作業も怠けております。
今日のブログも手抜き作業。








昨年5月末にモリアオガエルが始めて庭に来ました。
そして、6月上旬に産卵しましたがオタマジャクシを上手く育てることが出来ず、池に放しましたが池にはイモリや、タガメ、ミズカマキリなど天敵も多く何匹カエルになったか分かりません。
今年は上手に育てて生存率を上げて、我が庭にモリアオガエルが沢山棲むようにしたいと思います。
昨年は衣装箱で育てましたが、今年は仮設の池(青いシートの池)を作りそこで育てるつもりです。
でも、今年もモリアオガエルが産卵に来るか分かりません。
毎年来るようであればコンクリートで池を作るつもりです。








屋上の鉢花・石楠花・海棠・菊桃


屋上の鉢物の花が次々に咲いています。庭に下ろしますと鹿などに食べられ殆ど育ちません。
2-3年の間は鉢で育てるつもりです。

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.