北杜市・自然の中で
山の中の独り暮らし、片目を失い福祉や医療機関、孤独死寸前までを綴る
200903<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>200905
シイタケ・コシアブラ・ギボウシ・ヨモギ

朝から雨が降り午後から強く降っている。
山桜も散り、雨に濡れた新緑の世界になり朴の葉もだいぶ大きくなってきた。

写真はシイタケ・コシアブラ・ヨモギ・ギボウシ
今は10日に1度程度しか買い物に出かけない。
買い物の日2-3日前になると冷蔵庫の中はは殆ど空の状態です。
そこで、庭から食料を調達してきて間に合わせている。
昨日の夜食の食材は写真のようなものです。
シイタケ・昨年春菌を植え付けたがホダギにまだ菌が回っていないのか僅かしか採れない。
一度に沢山出るより少しずつ採れれば良いと思っています。
コシアブラ・タラの芽と同じ仲間のウコギ科で、高木になります。
庭に沢山植えてあるがまだ小さな苗なので、ある程度大きくなった木から採りました。
この近くの直売店でも売っているようです。おしたし、テンプラ、油炒め、味噌汁などに使えます。
ヨモギ・有名なので説明する必要もないですね。
ギボウシ・ユリ科の植物で一般の人は食べないかも知れません。
庭には自然のギボウシが沢山生えて、ウルイという山菜名がついています。
私は普通の小松菜などの葉物の野菜と同様に使っています。
今回はこの4種類ですが、セリ、ワラビ、フキ、サンショウ、ツリガネニンジン、オケラなど冷蔵庫が空になると利用しています。




スポンサーサイト
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.