北杜市・自然の中で
山の中の独り暮らし、片目を失い福祉や医療機関、孤独死寸前までを綴る
200904<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200906
動物の被害

♪♪♪山梨は今日も雨だあった♪♪♪
近頃、庭にもあまり出ない生活をしていたが、昨日の夕方庭を見て驚いた。
昨年、鉢から出して庭の山草の花壇に植えたものが食べられてしまった。
斑入りのギボウシは2週間前に食べられ、やっと新しい芽が出てきたのに再び食べられてしまう。
動物なので犯人といえないだろうが、シカかウサギのどちらかだろう。
種から育て4年、いずれは山菜として食べる予定のギボウシ畑も全滅。
数十株の大きな株葉が全て食べられた。
庭には自生のギボウシが沢山生えているのに、こちらは食べないで園芸品種を食べてしまう。
味が違うのかも知れない。贅沢な動物である。
小雨の降る中、食べられた植物の鉢あげ作業をするが、7鉢行ったところで雨が強くなったので中止した。
八重咲きキキョウの白と青、紫葉フジバカマ、ミソハギ、紫ツユクサ、黄ホウチャクソウの7種類。
残りは出来るだけ早く鉢に植えて屋上で育てることにする。
屋上で育てることは、私に万一の事があれば水切れのため全部枯れてしまう、それを避けるために地上に降ろしたのに残念だ。





スポンサーサイト
ヘビとヒキガエル

庭ではよくヘビを見かけるが、見慣れているとはいえ私は大嫌いで触ることは出来ません。
ヒキガエルは毒があるのでヘビは食べないと書いたブログなどを見たことがありますが、それは間違いです。
ヒキガエルは春になると庭の池に産卵のためにやってきます。産卵後はまた寝ているそうですが、夏の間も時々見かけることがあります。
昨年の5月末にヘビがヒキガエルを飲み込んでいるのを見つけました。足の方から飲まれ体の半分程度はまだ口の外に出ていました。
この場合、自然の掟として助けてはいけないのでしょうが、棒でヘビを叩きヒキガエルを助けてしまいました。
はじめのうちは助かると思っていたのですが、3日間生死を彷徨ったあげくに死んでしまいました。
私は後悔しました。ヘビからも怨まれ、助けたヒキガエルからも怨まれた事でしょう。
たった、3日間命を永らえたために、このヒキガエルはその間苦しみ続けたのです。
もう、二度と自然の掟に逆らい蛙を助けることはしないと誓いました。

話は変わり、私も70歳になりました。いつあの世からお迎えに来るか分かりませんので覚悟はしているつもりでいます。
医療の発達と共に昔なら死んでいた病気でも助かるようになりましたが、膨大な医療費が必要になってしまいました。
管をつけ生命維持装置の力で生きている方も多いと思います。ただ、老人がこの様な医療を望んでいるとは私は思いたくありません。
もし、口が利けましたら「早く楽にして欲しい」と言っていると思います。
一部の金持ちの老人達が命をながらえるため、莫大な医療費がかかり健康保険や介護保険が値上がりし、保険料を払っていても医療や介護を受けられない老人も世の中には沢山いるでしょう。
かといって、家族も医師も今の法律では死を早める訳にはいかないと思います。
本人の意思表示は必要と思いますが、日本も早く「安楽死法」などを作ってもらいたいと思います。お叱りは覚悟で書いています。

私の場合は、山の中の一人暮らしですので、救急車さえ呼ばなければ100% 死ぬことになるでしょう。
脳の障害のような重病の場合は救急車は絶対に呼ぶなと自分に言い聞かせています。(骨折程度は呼ぶことはあります)
最悪の状態に陥ったときの覚悟はしています。苦しみに耐えられない場合のため枕元に刃物は用意して生活しています。(ホームページと内容は同じです)





ホオノキ


左の写真は一昨年のホオノキで、右の写真が今年のホオノキですが霜にやられて惨めな姿になっています。
1ヶ月程度で過去には元の姿に戻ったのですが、今回は大打撃を受けて当分青々とした葉は望めないかもしれません。

この木を見ていると、一昨年は元気だった日本経済と今年の日本経済を見ているような気がします。
14兆円の膨大な補正予算、お金をばら撒いただけで経済が回復するでしょうか。
このお金、一部の政治家や、官僚などの懐に入らないことを願うだけです。
今年3月期の決算もおおかた出揃いましたので、数十社の「決算短信」を読んでみました。
この3月期も赤字企業が多いのですが、来年の方がなお悪いと予想している企業が多く見受けられました。

橋本内閣の失策で日本経済は不況のどん底になり、引き継いだ小渕内閣で、総理経験者の宮沢喜一氏が大蔵大臣として就任。
そして、大型予算を組みましたが、結局景気は回復しないまま、小渕氏は病気で倒れてしまいました。
その後、森内閣、小泉内閣と引き継がれ、やっと景気が回復しましたが、行政改革で景気が回復したのではありません。
景気には周期があり、小泉内閣の時が景気が良くなる時期と重なっただけのことです。
いくら金をつぎ込んでも、ある一定の期間は必要なのです。
風邪でさえ良い薬を飲んだとしても完治にはある程度期間は必要なのです。
また、来年も大型の補正予算が組まれるかも知れません。
補正予算を組むということは本予算がいい加減だということですよね。





テレビを見ない生活

一昨日、昼間まで正常だったテレビが夜になったら音声が出なくなっていた。
勿論、消音になっていないかかも調べたが原因不明でどうすることも出来ない。
離れに同じ型のテレビがあるが、大きいので一人で持ち運びは出来ない。
見たければ離れにいけばよいのだが、いっそうの事これを機会にテレビを見ない生活をしてみようと思い、全てのテレビの電源を切りました。
山梨に土地を購入した30年前は、電気は引かずランプで過ごし、顔は沢で洗い日常の水も沢の水を使い、薪で炊事などをして原始生活をするつもりでした。
初心にかえりテレビを見ない生活も良いかも知れません。期限は巣籠もり生活の終了する約870日後まで。

ラジオを聴いていればそれなりのニュースは入ってきます。
近頃、政治家や公務員の腹の立つニュースばかり、知らないほうが幸せかも知れません。
昔の人はテレビなしで生活してたのですから私も続けられると思います。

空いた時間に、一つだけやりたいことがあります。
後10日もしないうちに70歳になりますので、記念にキーボードを早く打つ練習をしたいと思っていますが指先が動くか心配です。
指先を動かすことはボケ防止にもなるそうです。





copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.