北杜市・自然の中で
山の中の独り暮らし、片目を失い福祉や医療機関、孤独死寸前までを綴る
200904<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200906
ヘビとヒキガエル

庭ではよくヘビを見かけるが、見慣れているとはいえ私は大嫌いで触ることは出来ません。
ヒキガエルは毒があるのでヘビは食べないと書いたブログなどを見たことがありますが、それは間違いです。
ヒキガエルは春になると庭の池に産卵のためにやってきます。産卵後はまた寝ているそうですが、夏の間も時々見かけることがあります。
昨年の5月末にヘビがヒキガエルを飲み込んでいるのを見つけました。足の方から飲まれ体の半分程度はまだ口の外に出ていました。
この場合、自然の掟として助けてはいけないのでしょうが、棒でヘビを叩きヒキガエルを助けてしまいました。
はじめのうちは助かると思っていたのですが、3日間生死を彷徨ったあげくに死んでしまいました。
私は後悔しました。ヘビからも怨まれ、助けたヒキガエルからも怨まれた事でしょう。
たった、3日間命を永らえたために、このヒキガエルはその間苦しみ続けたのです。
もう、二度と自然の掟に逆らい蛙を助けることはしないと誓いました。

話は変わり、私も70歳になりました。いつあの世からお迎えに来るか分かりませんので覚悟はしているつもりでいます。
医療の発達と共に昔なら死んでいた病気でも助かるようになりましたが、膨大な医療費が必要になってしまいました。
管をつけ生命維持装置の力で生きている方も多いと思います。ただ、老人がこの様な医療を望んでいるとは私は思いたくありません。
もし、口が利けましたら「早く楽にして欲しい」と言っていると思います。
一部の金持ちの老人達が命をながらえるため、莫大な医療費がかかり健康保険や介護保険が値上がりし、保険料を払っていても医療や介護を受けられない老人も世の中には沢山いるでしょう。
かといって、家族も医師も今の法律では死を早める訳にはいかないと思います。
本人の意思表示は必要と思いますが、日本も早く「安楽死法」などを作ってもらいたいと思います。お叱りは覚悟で書いています。

私の場合は、山の中の一人暮らしですので、救急車さえ呼ばなければ100% 死ぬことになるでしょう。
脳の障害のような重病の場合は救急車は絶対に呼ぶなと自分に言い聞かせています。(骨折程度は呼ぶことはあります)
最悪の状態に陥ったときの覚悟はしています。苦しみに耐えられない場合のため枕元に刃物は用意して生活しています。(ホームページと内容は同じです)





スポンサーサイト
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.