北杜市・自然の中で
山の中の独り暮らし、片目を失い福祉や医療機関、孤独死寸前までを綴る
200905<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>200907
ブログ中止します。
ブログを始めて2年4ヶ月、皆様方に大変お世話になりました。
今年に入り健康状態も思わしくなく、別の理由もありますが巣籠もり状態を続けています。
ブログかホームページのどちらを中止しようか迷いましたが、折角学習したHTMLやTIMEやJavaScriptを活用するためにホームページの方を残すことにしました。
ホームページの更新は私の生死を親族に知らせるものでもあります。(更新すれば生きている。更新が20日以上途絶えたら死んでいる)
健康が悪いと言いましても、朝は1時間程度散歩していますので、すぐ生死にかかわるほどではありません。
ただ、午後になりますと朝飲む降圧剤や心臓の薬の副作用かも知れませんが、調子が悪く午後からは横になっていることが多くなりました。
また、殆ど外出しませんので、書く事もなくなりましたので、中止を決意しました。
ブログは約6ヶ月間残っていると思います。6ヶ月間一度も更新しないと自動的に削除されると思います。
近頃、おかしなコメントも多くなりましたのでコメント欄も閉鎖します。

ホームページの方はよろしくお願いします。
有難うございました。
スポンサーサイト
見通しの甘さ

以前は、トマト、ナス、キュウリ、インゲン、ハクサイ、ジャガイモなどを作っていましたが殆ど被害はありませんでした。
近頃では、イノシシ、サル、シカ、ウサギなどの動物達のために野菜は作れなくなってしまいました。
この山梨に数千平方メートルの土地がありながら、何も作れず今や山野草の花壇まで食べられてしまっています。
今、屋上で衣装箱にシュンギクとコカブの種を蒔き、シュンギクは時々先端を摘まんで利用しています。


コカブの方はご覧のように虫に食べられています。薬をまき殺そうと思いましたが、この小さな衣装箱に産卵した蝶はどのような親なのか見たくなりました。
そして、食べ放題に育てていますが、残り僅かな葉になってしまい、蛹まで食料が持つのか心配しています。
中には衣装箱から脱走するのも見られますが、どのくらいの葉の量でどのくらいの子が育つか計算していなかったようです。


蝶に自己責任は酷ですが、やはり親の責任だと思っています。
我が両親も時代背景を考慮しましても、二人を扶養するのが限度なのに、八人も産んでしまいました。
見通しの甘さが想像を絶するほど子供たちを苦しめました。上に立つものは見通しを慎重にたてないと迷惑します。

話変わり、昨日総理が地球温暖化のための記者会見しました。
後、3ヶ月持つか持たないか分からない総理が15%削減目標、結構な事でしょうが、高速道路の問題にしろ、ハイブリッド車やテレビの買い替え問題にしろ、地球温暖化に逆行しているのでは。
消費は美徳と地球温暖化は180度政策が違うのではないだろうか。
次期政権がじっくり考慮すべき問題であると思います。
また、今の政策は殆ど金持ち優遇政策、そしてその付けは貧乏人も含めた消費税引き上げ。
選挙が待ち遠しく思います。
(まだテレビを見ない生活は続けていますので、ラジオで聴きました)

モリアオガエルの記事は順次したのロゴの「09モリアオガエル」に追加します。








モリアオガエル

昨年庭の池の周辺の木にモリアオガエルが始めて産卵しました。
今年も5月末から鳴きだしましたが、声が小さく元気がない鳴声でした。
昨年は6月7日に産卵しました。今年は1日遅れの6月8日に同じ場所に産卵しました。
しかし、この場所はオタマジャクシが落ちても、池に落ちず周囲の道に落ちてしまいます。
見通しの甘さは政治家だけだと思っていましたが、蛙にも計算間違いがあるのですね。



この卵塊は何か臭いがするのでしょうか?
私には分かりません。昨年2個の卵塊を見つけましたが、2個目は産卵して数時間後には蛇が食べているのを見つけ助けました。
この周辺には蛇が沢山います貴重な蛙なので出来るだけ保護したいと思います。
自然の掟には反することですが、日本政府が朱鷺を保護していますね、それと同じくある程度増えるまでは守ってやりたいと思います。


木から切り取った卵塊を仮設池の籠の中に入れます。そして蛇や蜥蜴から守るため籠の蓋をして重しを乗せます。
ただ、この周辺には野良猫、鼬などもいますので、これだけで守れるか疑問です。
午後からこの上に更に金網をかぶせる予定です。


これが仮設池の全体です。1週間程度しますとオタマジャクシがしたの池に落ちるようになっています。
昨年は衣装箱で育てましたが、飼育が上手くいかず池に放してしまいました。
この池はイモリや水生昆虫、金魚、ヒルガエルのオタマジャクシなどいますので、何匹旅立ってくれたのか見当がつきません。

私の庭は手入れの殆どしない雑草のボウボウと生えた場所です。その草むらにはキリギリスの幼虫やバッタの幼虫など小さな生き物が暮らしています。
もし、都会のような綺麗な庭にして一年草を植え、消毒をして植物を育てていたら、モリアオガエルは産卵に来なかったと思っています。
これが、本当のビオトープの庭だと自負しております。(怠け者で雑草を刈らないだけですが)





オタマジャクシ

今年もヒキガエルが来て産卵して、今は元気にオタマジャクシが泳いでいます。
その数は、数千匹か数万匹か? 数えたことはありません。
あの大きなヒキガエルのオタマジャクシは物凄く小さいのです。10円玉と比較してみてください。
この写真は池で撮影しても殆ど見えませんので、洗面器に少し入れて撮影しました。

写真4枚をHTML+TIMEで0.2秒で切り替えています。

そろそろ、モリアオガエルが産卵に来るはずですが、2日前に鳴声が聞こえましたが昨夜は聞こえませんでした。
昨日、モリアオガエル用の池の水を替えたり、ヘビや動物の被害を受けないように網を張ったりして準備は終ったのですが、無駄骨になるかも知れません。
結果は10日もすれば、来る、来ないは分かると思いますが、少し期待しています。





copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.