北杜市・自然の中で
山の中の独り暮らし、片目を失い福祉や医療機関、孤独死寸前までを綴る
201004<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201006
棚池を作る (2)
.

5月19日に載せました棚池のT1池に水を入れてみました。シートを敷いてテストの意味で水を張ります。ここまでが今回の作業です。
次の作業はまだ先の話ですが書いておきます。水平を見るためシートに満水状態の位置を書いておきます。
大きな石の所はシートを切り取り石を表わします。後は金網を敷いてモルタルを塗りますが素人に上手く塗れるか疑問です。
モルタルから水漏れがあったとしても下のシートが防水しますので安全です。池は多少漏る方が管理が楽なのです。
全然漏らないと水が腐ってしまいますので、少し漏って何日かに一度漏った分だけ水を入れたほうが綺麗な池になります。

.

仕上がった状態ではシートも土嚢袋も見えなくします。ただ、長期的に使用できる池にはならないと思っています。
池の寿命が先か、私の寿命が先か。壊しやすくしておかないと土地の相続人が困る場合もあります。
最後の写真はT2池の場所ですが凄い石が沢山ありこの場所はシートを敷かずに仕上げ、石を見せるように作りたいと思います。
石を見せると言うことは、その石の分セメントが少なくて済みますので、費用はあまりかからないでしょう。
写真左の石は約3メートル×2メートルの三角形、高さは土の中で分かりません。この池が一番見ごたえありそうですが何分素人ですのでどうなることやら。

モリアオガエルの産卵場所から10メートル程度しか現場が離れていませんので当分の間作業は中止します。

いい歳をしてカエルの飼育、小屋を作り池を掘り、近頃頭がおかしくなったのではなどと言われているかもしれませんね。
でも、昨年の今頃は飲んでいる薬の副作用か分かりませんが、体調が悪く何もしない毎日でした。
それが、6月になりオタマジャクシの飼育、8月には変態した不要家族(扶養) の世話で大変でした。
飼育の方法を考えたり本を読んだりとボケた頭も徐々に良くなり、今年に入り小屋の建設や池作りなど体を動かしているうちに動かなかった 肩も動くようにもなりました。
カエルを飼わなかったらまだボケていたかもしれません。この様な現象を「ワカガエル」と言うのでしょうか。などと馬鹿な事を言ってる老人です。

スポンサーサイト
ヒキガエルのオタマジャクシ飼育
.

近頃、カエル等を飼育しているブログを訪問して見ることが多くなり、その中でヒキガエルをオタマジャクシから育てている方もいました。
ヒキガエルは変態したばかりの時は凄く小さいので私には無理だと思っていましたが、挑戦してみることにしました。
とは言っても決意したのが5月25日なので卵の状態ではありません。庭の池からオタマジャクシを獲ってきただけです。
卵の写真は4月10日に撮影したものですが、今年はこれだけの卵しか産まなかったようです。

飼育箱に砂利を使用したのは間違っていたようで、砂利と砂利の空間に隠れて何処にいるのか分からない状態です。

.

オタマジャクシも環境に慣れたのか大分元気になり、浮き上がってパンなどを食べるようになりました。
餌はメダカの餌、卵の黄身、食パンなどを与えています。多少の水の汚れは気にしないで育てます。
ただ、糞などで汚れるのを防ぐため水草を入れたいのですが、水草が手に入らないため水芭蕉の湿田からセリを採ってきて入れておきました。
池のオタマジャクシより大分早く変態すると思います。変態後の飼育法はこれから皆様のブログを回り学習します。

モリアオガエルの仮設池とその周辺の工作物



・昨年積んだ土嚢袋を使い一回り小さくしました。




・シートを広げます。1枚破れても大丈夫なように2枚使用しました。




・水を入れます。使用するときは7-8割程度の水量にします。




・周囲との関係は、池の近くで右手に沢が流れています。




・池専用の井戸で1988年私が作りました。




・木造の橋が腐り2003年に私が作りました。橋の下は沢です。




・池は1988年私が作りました。20年以上過ぎていますが使えます。



マウスオンで画像が前面に表示されます。

そろそろ、モリアオガエルのオスが鳴き出す季節になり、後2週間もしないうちに産卵すると期待しています。
昨年もこの仮設池で育てました。大きな池にはイモリやミズカマキリやヤゴなどの外敵もいます。
この池に垂木を渡し金網をかけ鳥や蛇からオタマジャクシを守ります。また、餌を与えるのに池の小さいほうが無駄が少なくてすみます。
後は産卵してくれることを願います。

アカガエル(新池や蛙飛び込む水の音)・モリアオガエルの寝姿

今月に出来上がったばかりの小さな池を見に行きました。ここにはヒキガエルのオタマジャクシ30匹程入れています。
既にあめんぼうや小さな水生昆虫などが入居しています。池に近づくとポチャンと何か飛び込んだ。
カエルが泳いで池の底に沈み、じっとしています。数分過ぎた頃少しずつ動き出し池の縁近くで潜っていました。
小さなカメラの最大限の望遠で撮りましたのでボケるのと花粉が写って見苦しくなっています。
多分、アカガエルだと思いますが、違っているかもしれません。今年は間に合いませんが来春には産卵に来るでしょう。

5月21日に載せたカエルの写真の前足がおかしく写っているのをアップロードしてから気がつきました。
別の写真で確認しましたが大丈夫でした。たまたま、指を閉じていたようです。


今朝のカエル達の寝姿・モリアオガエルの一日は殆どの時間眠っています。一体いつ起きて活動しているのでしょうか。
夜は僅かな時間だけ活動しているようです。
自然のモリアオガエルはもっと活動していると思います。お腹が空いて餌を探して長時間彷徨っているかもしれません。
飼育しているカエルは餌の方が目の前にやってきますので、それほど活動しなくて良いかもしれません。
寝る子は育つと言いますので、早く大きくなり引越しが出来るように願っています。
子供用の飼育小屋を建設するか迷っています。






copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.