北杜市・自然の中で
山の中の独り暮らし、片目を失い福祉や医療機関、孤独死寸前までを綴る
201004<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201006
ヒキガエルのオタマジャクシ飼育
.

近頃、カエル等を飼育しているブログを訪問して見ることが多くなり、その中でヒキガエルをオタマジャクシから育てている方もいました。
ヒキガエルは変態したばかりの時は凄く小さいので私には無理だと思っていましたが、挑戦してみることにしました。
とは言っても決意したのが5月25日なので卵の状態ではありません。庭の池からオタマジャクシを獲ってきただけです。
卵の写真は4月10日に撮影したものですが、今年はこれだけの卵しか産まなかったようです。

飼育箱に砂利を使用したのは間違っていたようで、砂利と砂利の空間に隠れて何処にいるのか分からない状態です。

.

オタマジャクシも環境に慣れたのか大分元気になり、浮き上がってパンなどを食べるようになりました。
餌はメダカの餌、卵の黄身、食パンなどを与えています。多少の水の汚れは気にしないで育てます。
ただ、糞などで汚れるのを防ぐため水草を入れたいのですが、水草が手に入らないため水芭蕉の湿田からセリを採ってきて入れておきました。
池のオタマジャクシより大分早く変態すると思います。変態後の飼育法はこれから皆様のブログを回り学習します。

スポンサーサイト
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.