北杜市・自然の中で
山の中の独り暮らし、片目を失い福祉や医療機関、孤独死寸前までを綴る
201005<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201007
蚕・カイコ・シルクワーム

.

モリアオガエルの飼育にあたって一番困るのが餌の問題です。通販でカイコを売っていましたので60匹で700円で取り寄せました。
外国産のコオロギやゴキブリはマイナス10度のこの地では越冬できません。カイコは卵で越冬できそうなので育てる気になりました。
カイコを身近で見たことはありませんので、今回は失敗覚悟で挑戦してみます。一応学科の方はあるホームページに詳しく出ていましたので学びました。
6月6日に届き飼育が始まりましたカイコは逃げることはありませんので、贈答用のハムの空き箱で育てることにしました。(左右とも6月6日撮影)

.

カイコを育てるのに餌の問題があります。現代では桑を使わずカイコの餌が販売されていますがコストが高くなり、カイコを飼う意味もなくなります。
庭にそれらしき木はありますがまだ小さい木ばかりです。カイコが食べれば桑か山桑など、食べなければ桑と関係ない木と言うことでカイコに食べさせてみました。
もりもり食べ始め安心しました。我が庭にも桑の木があったのですと言いましても、養蚕かが使う桑の木ではなく山桑の一種だと思います。(栄養がない葉のようです)
全て大きくする必要はありませんのでカエルの餌として与えて、繭を作らせ蛾になって産卵させるのは僅かな数でよいのです。
桑の葉が自給できればカイコが主流の餌になるでしょう。今回は試験的な飼育で、7月下旬から本格的に卵から育てたいたいと思います。
(左の写真6月7日撮影・右の写真6月9日撮影)
スポンサーサイト
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.