北杜市・自然の中で
山の中の独り暮らし、片目を失い福祉や医療機関、孤独死寸前までを綴る
201005<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201007
ヒキガエルの上陸

ヒキガエルのオタマジャクシをケースで飼ったのは初めてですが、昨年モリアオガエルの上陸を見ていましたので同じようなものだと思っていました。
モリアオガエルは前足が出るとすぐに上陸を始めました。ヒキガエルの前足が出てきたのですぐ上陸かと思い、石を入れたり準備しましたが何日も上陸しません。
20日にケースを見ますと2匹が死んでいました。ヒキガエルは泳ぎの上手いカエルです。溺れることはありません。
水槽の水を極端に少なくしケースを傾斜させました。半分は水があり半分は水がありませんので、カエル自身にどちらかを選択させました。


一度は上陸したものの不安があるのか戻って水の中に入ってしまいます。そのようなことが何回となく続きましたが勇気ある1匹が上陸しました。
なにしろ尻尾がプラケースに接着して歩きにくそうです。そして本来は吸盤がないためケースは登れないはずですが、身が軽いのと自身の粘粘を利用して登り始めました。
少し大きくなれば登ることは出来なくなることでしょう。20日は3匹だけ上陸しました。21日には残りも上陸しました。
とりあえず別のケースに入れて、ヨモギについたアブラムシを与えておきました。コオロギの1令も今日届きます。
まだ、何匹飼い何匹放つか決めていませんが、将来のことを考えると最小限にとどめるべきだと思っています。

大きな池のヒキガエルのオタマジャクシを見に行きましたが、こちらは後足さえ出ていませんので、昨年と同じ7月上旬上陸になるでしょう。




スポンサーサイト
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.