北杜市・自然の中で
山の中の独り暮らし、片目を失い福祉や医療機関、孤独死寸前までを綴る
201006<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201008
モリアオガエルの仮設池の水換え・ヒキガエル
.
今まで毎日のように雨が降り、降った分の水量をモリアオガエルの仮設池から抜いていましたので水換えはしませんでした。
梅雨もあけ雨も降らなくなり水が濁ってきました。オタマジャクシはある程度の水質汚染には耐えられるのですが、20日に水替えをすることにしました。
仮設池から短いホースで、サイホンにより大きな池に流しますが、オタマジャクシも時々吸い込まれて出てしまいますので、網で助けるようにしています。
網から落ちてしまうオタマもいるかもしれませんが、今の大きさでは大きな池の水生昆虫や金魚に食べられる心配もないと思います。
.
水が半分程度抜けると水入れですが、昨年は井戸水をそのまま入れていましたので水温は下ってしまい、成長が遅くなってしまいました。
今年は風呂桶に水を溜めて丸一日汲み置きし、少しボイラーで暖かくした水を使います。
風呂場から仮設池まで直線距離で20メートル。地形が複雑なので30メートルのホースを使い、はじめは井戸水を流してサイホンが出来るようになったら汲み置きの水と切り替えます。
急いで仮設池まで行ってホースを仮設池に水が入る位置に置きます。風呂場と仮設池の落差は3メートルありますので、動力を使わず水の交換が出来ます。

この作業のため池に行くと7月16日にブログに載せたヒキガエルがまだ同じ場所にいました。写真を撮りに行っても動こうとしません。
22日にもまだいました。あれから1週間もうそろそろ何処かに行く頃です。何故同じ場所に何日もいるのか不思議です。
スポンサーサイト
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.