北杜市・自然の中で
山の中の独り暮らし、片目を失い福祉や医療機関、孤独死寸前までを綴る
201007<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201009
真夜中のモリアオガエル小屋
・1/8・真夜中のモリアオガエル小屋の正面
・2/8・モリアオガエル小屋の裏面
・3/8・床の上で
・4/8・柱のとスジカイの場所で
・5/8・蛍光灯の上で
・6/8・拡大写真
・7/8・水遊び
・8/8・この蛍光灯は24時が消灯時間
クリックすると新しい写真が現れます。

この庭はイノシシやシカや蛇などがいるため夜は出たくないのですが、久しぶりに小屋を見に行きました。
17匹放したモリアオガエル10匹しか見当たりません。ギボウシの葉の陰に入ってしまっているのでしょうか。
何匹かは脱走試験に合格したものの網目を抜ける能力を蓄えていたのか分かりません。
いずれは逃がすカエルなので逃げてもかまいませんが、折角作った小屋なので使って欲しかったと思います。
蛍光灯の周りには小さな虫や小さな蛾が飛び回っていましたが追いかけているカエル達はいませんでした。
暗くなってから12時まで蛍光灯は点いていますので、その間に食べればよいのでカエルにも食事時間があるかもしれません。
消灯のため真夜中に消しに小屋まで行くわけではありません。離れのコンセントから電源を取っていますので、台所から離れに行く電源を切ります。
1歳になったばかりでは小さすぎますので、今年生まれたモリアオガエルは2年間飼育してから小屋に放すつもりです。


にほんブログ村 その他ペットブログ カエルへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへにほんブログ村 住まいブログ DIYへ(ランキングに参加しました。クリックしてね)
スポンサーサイト
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.