北杜市・自然の中で
山の中の独り暮らし、片目を失い福祉や医療機関、孤独死寸前までを綴る
201201<<1234567891011121314151617181920212223242526272829>>201203
雪・冬眠中(2)
HTML+TIMEで動かしています・・昨夜7時頃外を見ると雪が降っていました。
積もるか心配していましたが夜中外を見ると星が出ていたので今日は晴れると思っていました。
残念な事に午後また雪が降って、このまま寒い一日になりそうです。7時30分頃、昨夜の雪が木の枝に残っている間に写真を撮ろうと散歩に出かけました。
どんよりと霧なのか雲なのかはっきりしない天気でしたが雪は降っていません。庭の東側の隣地から伐採するために整備された道を真原の方に向かいました。
道にそれほどの雪はなくアスファルト舗装の所は雪が溶けていましたが、所々凍結していました。零度の朝出会う人もなく真原の桜並木につきました。
よく私は山の中の生活と書いていますが、それほどの山の中ではありません。真原と石空川の中間程度で標高も真原の桜並木と同じです。

ただ違うのは行政の全てでしょう。天国と地獄の違いがあると私は思っています。真原は上下水道完備、道路は一部を除いて舗装。
道一本隔てたこちらは道路舗装はおろか水道さえありません。違いは原住民がいるかいないかだと思います。こちらは全て都会からの移民なのです。
北杜市はその下に「区行政」があり、その権限が強く区からの申請がないと何もしないように思われます。
私も冬期通院のためデマンドバスのバス停を作ってくれるように北杜市に頼みましたが何もしてくれませんでした。この事はいずれホームページに載せるつもりです。
その、恵まれた真原の坂を足元に注意しながら下ると広域農道に出ますが、通常でも交通量の少なく冬以外は私の自転車訓練道路として使っています。

広域農道を後に我家の方に戻りました。真原より少し雪は多いようですが、この程度の雪で良かったと思っています。
家から200メートル離れた場所に、この10年に10軒以上の家が建ちましたが、全ての家が通年住んでいるわけではありません。
約1時間20分程度の散歩。人に会うこともなく家に戻りました。

これを書いているうちに雪になり、積もりそうな気配になってきました。白い悪魔に見える雪は降って欲しくありません。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳以上へにほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 北杜情報へ「70歳以上」「北杜情報」のどちらか一つだけクリックの協力お願いします。
スポンサーサイト
冬眠中・近況
前回の更新からまもなく20日が過ぎようとしています。家に閉じこもり中の冬眠生活なので書くことはありませんが、生死を報告するために更新します。
昨夜から降りだした雨は今日昼まで降り続きました。今朝の最低気温0度なので、この温度なら雪が降るのですが上空が暖かいのか雨でした。
河口湖の今日の最高気温が14度まで上がると報道されていましたが、ここでは昼までの最高気温は5度で、日影の雪解けは進みませんが、池のあるほうは雪がまばらに残っているだけです。

この冬は日本海側では大雪の報道が、ありましたがここは殆ど雪は降らず10センチ未満の雪が2回ほど降っただけで助かっています。
ただ、ここの雪の季節はこれから2月-3月が沢山降るのでまだ安心は出来ません。 ただ、寒いので庭は凍結して歩きにくく、毎日隣にある薪置き場まで3回ほど往復するのに滑らないように注意しています。
写真は今日の昼頃撮影しました。玄関前の歩道は完全に凍結しています。勿論、自転車などで走れる状態ではありません。
3月中旬の通院予約日まで家の中で春の来るのを待っています。 この1ヶ月我家に来てくれたのは、コメントをくださる後藤氏がただ一人でした。
人間より猿の方が訪問してくれています。今日はアオサギが庭に来ていましたがカメラを探しているうちに何処かに消えてしまいました。
人に殆ど会いませんので、インフルエンザなどにかからないのが山での暮らしの唯一の利点です。ただ、かかってしまったら通院手段がないので覚悟が必要かもしれません。
今年73歳になる老人、完全なる元気と申せませんが、この冬も何とか生き延びるような気がします。


にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳以上へにほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 北杜情報へ「70歳以上」「北杜情報」のどちらか一つだけクリックの協力お願いします。
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.