北杜市・自然の中で
山の中の独り暮らし、片目を失い福祉や医療機関、孤独死寸前までを綴る
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
キノコ・アカヤマドリ
アカヤマドリ

都会のスーパーなどでは売っていない大きなキノコです。
夏から秋にかけて雑木林で発生しますが、この周辺は発生が少なく住んでいる者でも年に2-3個見つかればよいほうです。


日本、ロシア、韓国、中国などに分布しています。
花の場合は、旅行または公園などに出かけたときと、庭だけに限定しています。
キノコの場合は散歩道や他人の土地のも含まれています。

郵便ポストは家から約100メートルの場所に設置しています。
そこからは道が狭く軽自動車しか通れませんので、郵便配達の人に配慮して設置しました。
7月7日、ポストの前の道路わきにアカヤマドリが2個もはえていました。
生長記録を撮るため、大きいほうは食べごろになっていますが、後2日ほど生長させます。



7月9日、大きいほうは黒ずんでこれが限界(直径20センチ)なので採りましたが、今回は不味そうなので食べるのを見送りました。
7日の日に採れば美味しかったと思います。



裏側
これが裏側です。イグチ科独特の裏側です。 

小さい方
これは小さいほうのアカヤマドリです。2日前の写真と比較するとアカヤマドリらしくなってきました。
発見したときの7月7日は直径が5センチ、7月8日は直径6センチ、9日は直径7.5センチと日増しに大きくなってゆきます。
後、5-6日程度で直径20センチにはなるでしょう。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
きのこ
こんにちは。
直径20cmのきのこなんてお化けきのこみたいですね。
「アカヤマドリ」と名前も正体もわかっているからいいのでしょうが、間違っても毒きのこなど食さない様ご注意下さい・
2007/07/09(月) 14:12:00 | URL | 写楽爺 #-[ 編集]
きのこ
写楽さん、こんにちは。
山にはいろいろなキノコが生えます。
都会の人が見たらびっくりするようなのもあります。
生命にかかわる毒キノコは意外と少ないものです。
一応毒キノコは把握していますし、疑わしいものは食べないようにしています。
2007/07/09(月) 16:09:54 | URL | 鬼家(オニイエ)雅雄 #-[ 編集]
アカヤマドリ
こんばんわ
黒ずんできたアカヤマドリは「シイタケ」に何となく似ていますね。

我が家は5~6本の原木にシイタケ菌を植えて楽しんでいますが、春先などはちょっと採るのが遅れるとあっという間に20cm位になりますね。

でも・・・このアカヤマドリは全くの天然物。
どんなお味がするのでしょうか?

私の「尾瀬お花巡り」もそろそろフィナーレですが、今日の午後の数時間、マウスオン・スライドショーの入力ミスで、ご覧になった方にはご迷惑をおかけしたかも知れません。
該当者の方々にはお詫び申し上げます。

2007/07/09(月) 22:40:06 | URL | naoママ #-[ 編集]
アカヤマドリ
naoママ、こんばんは。
シイタケも採り忘れると凄く大きくなりますね。
イグチ科のキノコはアミタケ以外はあまり美味しくない感じです。

尾瀬沼の花々のオンマウスは1コマずつ違って表示されていましたね。
コメントが0でしたので指摘するか迷いましたが、お節介なようなのでやめました。
2007/07/09(月) 23:10:16 | URL | 鬼家(オニイエ)雅雄 #-[ 編集]
キノコ
今日は、今日また梅雨空になりましたね。
このキノコはみんな食べられるのでしょうか
知識がなく、つまらない質問で御免なさい。
東京ではスーパーにしかないので、今度木の周りなどもう少し観察せねばなりませんね。
珍しい(私には)写真有難うございました。
2007/07/10(火) 12:19:23 | URL | SUB #-[ 編集]
キノコ
山梨も雨のため何処にも出かけられず困っています。
パソコンに向かって外部ファイルの下書きを作って、写真を入れ替えれば使えるように加工しています。

このキノコは、根元の部分を除き全て食べられるそうです。
でも、私は裏側の海綿みたいなところは食べた事はありません。
秋にはいろいろなキノコが出ますが、夏にはこの周辺ではあまり出ません。
2007/07/10(火) 13:06:13 | URL | 鬼家(オニイエ)雅雄 #-[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2017/03/23(木) 16:04:40 | | #[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.