北杜市・自然の中で
山の中の独り暮らし、片目を失い福祉や医療機関、孤独死寸前までを綴る
201706<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201708
入笠山

案内板
8月21日、今日は駐車場から30分も歩けば山頂にいける長野県の入笠山(1955m)に登ることにしました。
我が家から1時間以内で行ける場所ですが今回が初めてです。
案内板によれば、山頂まで30分、入笠湿原まで10分、ゴンドラ乗り場まで20分と書いてありました。


駐車場
駐車場はマナスル山荘の前の広場で、一見駐車場と見えない何の工事もしていないただの空き地です。
トイレも駐車場の近くにあります。
この駐車場の奥に登り口があり、すぐ急な登りになります。
途中、岩場と迂回路の道に分かれますので、登りを迂回路、下りを岩場を選択しました。


蝶
入笠山、入笠湿原には蝶が沢山いるようです。


展望
この山頂は360度見渡せます。残念ながら遠くは霞んで見えます。
甲斐駒ヶ岳方面の展望です。
富士山も肉眼では微かに見えましたが写真では無理でした。


山頂
山頂は広々とした場所です。
花も沢山咲いていましたがあまり奇麗に撮れていませんでした。


展望
30分程度山頂にいましたが、展望に変化なく下ることにしました。
この山は今後も訪れることなので、遠望はその時の楽しみにしておきます。


展望
下るときに、体の大きな外国人が小さな犬を連れて登ってきました。
しばらく岩場を下っていると外国人が下ってきます。
そして抜かれてしまいました。
体力の差だとあきらめますが、小さな犬にも抜かれたことにもなります。
小さな犬も犬脚(健脚)なのですね。







スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
涼しさ
こんにちは、毎日、暑い暑い日が続きますね、暑さに負けない涼しく、嬉しい画像に訪問できた幸せに乾杯、写真の事は良く解りませんが、何とも言い無いこの美しさに幸せと感じ、元気いただきました。有難うございました。
2007/08/22(水) 14:16:34 | URL | SUB #-[ 編集]
涼しさ
SUBさん、こんにちは。
都会はまだ暑いでしょうが、こちらはいくらか涼しくなりました。

老骨に鞭打って、また山登りなんて言えそうもない、徒歩30分程度の山です。

遠景が霞んで良く撮れませんでした。
花も咲いていましたが、不完全なものが多く使い物になりませんでした。
2007/08/22(水) 14:37:04 | URL | 鬼家(オニイエ)雅雄 #-[ 編集]
おイヌかれて、追い越されて・・・
思わずオホホホ~と笑いながら拝見しております。小さなわんちゃんに追い越されていらっしゃる姿が浮かんで参ります。
でも健康的な登山羨ましいです、一人では怖くて山に入れません。
美しい山並を見せていただいて最高です、有難うございます。
2007/08/22(水) 16:02:10 | URL | ちひろ #-[ 編集]
こんにちは
ちひろさん、こんにちは。
小さな犬に岩場で追い越されてしまいました。
情けないが体が早く動きません。
もう、健脚でなく老脚になっているのですね。
無理をせずに行動したいと思います。
2007/08/22(水) 17:01:26 | URL | 鬼家(オニイエ)雅雄 #-[ 編集]
アサギマダラ
今日の東京地方の最高気温は37度だったそうです。
まだまだ灼熱地獄が続いていますが、鬼家さんのお住まい近辺は如何ですか?

「入笠山」に一時間以内で行けるんなんて、羨ましい限りです。
私はアルプスが見たくなると「入笠山」に登ったものでした。
車で簡単に行けるアルプスの展望台のような山ですよね。

そして、この写真の蝶は去年夏、私も「池の平湿原」で見たアサギマダラだと思います。
2000kmもの長距離を飛ぶ蝶として、NHKのクロースアップ現代でも紹介され、マーキングしてその生態を、調べているそうです。
鬼家さんも出会ったのですね。
2007/08/22(水) 21:48:51 | URL | naoママ #-[ 編集]
アサギマダラ
naoさん、こんばんは。
今までの最高気温が28度なので今日はそれ以下だと思います。

入笠山には約50分程度かかります。
展望が良く良い山だと思いますので、これからも季節ごとに行きたいと思っています。

先ほど、入笠山でブログ検索したところ、あるブログでこの蝶がアサギマダラだと知りました。
ゴンドラ山頂駅付近でもヒヨドリ草に止まっていました。

北アルプスの記事を0-7まで読ませてもらいました。
凄いですね、私はもう完全に膝が駄目なので長時間の歩行は出来ず残念に思います。
歳には勝てませんね。
2007/08/22(水) 22:25:46 | URL | 鬼家(オニイエ)雅雄 #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.