北杜市・自然の中で
山の中の独り暮らし、片目を失い福祉や医療機関、孤独死寸前までを綴る
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
絶滅危惧植物 イヌノフグリ
オオイヌノフグリ

先日散歩のとき、ゴマノハグサ科のオオイヌノフグリが咲いているのを見つけた。
だが、花が小さいので、絶滅危惧種のイヌノフグリなら貴重な発見である。
今日、あらためて見に行ったが、イヌノフグリは少しピンクなのだが違うようで、単に花が少し小さいだけな感じだ。
同じ仲間のフラサバソウかも、帰化植物だが我が手元に資料はなく、オオイヌノフグリだろうということで決着した。

約、30年前にはこの村に日本タンポポが沢山生えていた。今、生えているのだろうかタンポポの咲く季節に調べてみたい。

我が庭の雑草は、大事にして育てられている。(ものは書きよう、怠け者だから草むしりしないだけ)
庭に生えている雑草の中に種苗会社のカタログに高い値が書いてあったので、その後大事にしている雑草もある。

生あるものはなるべく大事にしたいものである。そのうち価値が出るかもしれない。(老人の価値出るかな?)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.