北杜市・自然の中で
山の中の独り暮らし、片目を失い福祉や医療機関、孤独死寸前までを綴る
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
秋の味覚キノコ・クリタケ


クリタケは10月中旬から11月中旬にかけてクリやナラ、クヌギなどの切り株や倒木に発生する食料キノコです。
シイタケやナメコのように栽培しても周年発生は不可能なので秋だけのキノコです。

このキノコは毎年同じ株に発生するので、天然ものを探すのが楽です。
昨日午後二時頃、いつもの場所に立ち寄りましたら、小さなクリタケが沢山生えていました。
今朝、写真を撮りに行ったら、全て採られてしまっていました。残念。
この写真は、天然クリタケの別の株を見つけました。
多分、これも採られてしまうでしょう。


我が家の周辺は以前はクリタケが多く発生していました。
今はだいぶ少なくなっているようです。
それでも、甲府や石和、富士見の方からもクリタケ採りにやってきます。

この写真はニガクリタケで毒キノコです。
黄色いものは注意しましょう。


今年はキノコの発生が遅れています。
この写真は栽培クリタケです。
クリタケの栽培はシイタケと同じように、原木に穴を開けて駒菌を植え付けますが、栽培の違いはクリタケは土の上に横にして土をかぶせます。
かぶせなくとも発生しますが、収量は少なくなります。
クリタケは小さな原木にも出ますので、木を無駄なく使うことが出来ます。
これは小さな原木から発生したものです。


これも、栽培クリタケです。
食べごろですが、明日収穫します。
クリタケの特徴は菌の伝染力が強いので、小さな原木には菌を植え付けず、ホダギの周辺に杭のように打ち込んでおくだけで発生します。
ただし、雑菌に犯されていない小枝を使う必要はあります。


これも、栽培クリタケです。
後、3日程度で収穫できるでしょう。
全てのホダギがこのように発生してくれれば大収穫なのですが、我が家のホダギは古くなりました。
一度、ホダギを作れば5-6年は発生しますが、クリタケ菌より強い雑菌に犯され発生しなくなることもあります。
目に見えない菌でも競争が厳しいようです。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
こんばんは。
今日は、コメントありがとうございました。

立派な栗茸ですね
豊かな自然の中で菌を植え付け栽培なんて
素敵ですね。

小学生の頃、父に近くの山にキノコ採りに連れて行ってもらい
ムラサキシメジ?とか桜シメジ?とか(記憶は定かではないですが><)
かご一杯に採れたのに!
最近は自然なキノコが減ってしまっているみたいですね。

2007/10/23(火) 18:36:35 | URL | sachann #4MkUgeEI[ 編集]
こんばんは
sachannさん、こんばんは。
以前は、自然のクリタケなど沢山採れましたが、急激に減っています。

クリタケは自然のような形で栽培するので、天然ものと味などは変わりません。
以前は、村の直売所で1キロ1400円程度で販売していました。
今は自家用と知人などに配布しています。

便利なのは住んでる所がキノコ発生地帯なので、きのこ狩りに行くのに費用がかかりませんが、熊が出るので大変です。
2007/10/23(火) 19:26:37 | URL | 鬼家(オニイエ)雅雄 #-[ 編集]
きのこ
この様に沢山に綺麗にきのこの画像を見て驚いています。
確かに自然の中で暮らすと言うことは自然の恵みが豊富と云うことでしょうね、きのこは
如実にものがたっていますね。
羨ましいと口癖になっています。
干して置けるのでしょうか、私などは出来ればそうしておいて後からも頂きたいですね。
2007/10/24(水) 09:59:03 | URL | 玲 #-[ 編集]
きのこ
玲さん、こんにちは。
このクリタケは以外に高価で専業のキノコ農家などが、200グラム500円程度で直売所などで売っています。
都会では一部の場所しか売っていないと思います。

自然の恵みがある反面、自然の災い(熊、猪)も沢山あるので、都会と田舎どちらが良いか分かりませんね。

クリタケはシイタケのように乾燥して保存は一般的にしていないようです。
筋っぽくなって、美味しくないのです。
私の保存法は、①一度お湯に通して(雑菌を殺す)冷凍保存しています。
②一度お湯を通して、塩漬け保存します。
電気代の関係で冷凍保存の方から食べます。
塩漬けは常温で1年程度持ちます。

でも、採ってすぐに食べた方が美味しいです。
2007/10/24(水) 13:46:26 | URL | 鬼家(オニイエ)雅雄 #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.