北杜市・自然の中で
山の中の独り暮らし、片目を失い福祉や医療機関、孤独死寸前までを綴る
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
馬場駿著「小説大田道灌」の読後感


この読後感はブログを始めたばかりの藤山杜人氏がブログ【山林、杜の人のブログ】で書いたものです。
馬場駿は私の弟なので、少しでも読んでいただきたく許可を得て載せます。

江戸城の大田道灌が主君と仰ぐ関東管領、扇谷上杉定正に殺されるまでの話である。
大田道灌に手を下したしたのは道灌子飼いの武将曽我兵庫である。川越城の主、定正のもとに幽閉されている兵庫が何故尊敬している道灌を切らねばならなかったか?道灌も兵庫も人間味溢れる武将である。お互いに敬意をもっていながら道灌を切るという悲劇が何故起きたのか?これがこの長編小説の主題である。
応仁の乱の後の関東の戦国時代を颯爽と生き、そして部下に殺された大田道灌を描いた本格的な歴史小説である。
数多くの小さな城とその主達の離合集散の中で最後の悲劇的クライマックスへいたる必然性を、周りの家臣や女性達の心の揺れを活写しながら読者に納得いくように描きだしている。
この小説は構成に隙が無くストーリーがダイナミックに展開して行く。骨太の本格的な歴史小説である。とくに関東地方の戦国時代の群雄割拠の歴史はあまり知られていない。
文献をくまなく猟渉、考証し、足で現地に立ち、戦国時代の人々の激しい心の動きを想像しながら描いた小説である。
誰もあまり取り上げなかった関東の戦国時代を取り上げたことがこの小説の新機軸でもあろう。そして流れるような文章が独特のリズムをかなで、この長編を読みやすくしている。
最初の書き出しはこうである。「蛟竜とは角の無い竜のことで「「みずち」」ともいう。江戸城築城で有名な大田道灌は蛟竜であった。

角さえあれば一気に天に登れたのである。では、道半ばにして斃れた道灌に、欠けていた角とは一体何だったのだろうか。」
馬場駿は何が欠けていたかとは断定しない。読者が各人それぞれの解答を考え出せるように色々な部分に明快なヒントを与えている。
この最初の文章を読み返しながら各章を読んで行くと人間の偉大さ、弱さが身につまされて「やっぱり道灌は殺される悲劇を避けられない」という思いにとらわれる。

馬場駿は本名、木内光夫であり、伊東で岩漿文学会を主宰している。そのホームページは【蛙声庵】として公開されている。
馬場駿のほかの数多くの短編小説も公開してある。短編小説も面白いが、まず「小説大田道灌」を読むことが良い。
この小説は平成18年1月25日初版発行で岩漿文学会から1部1200円で配本されている。入手するにはE-Mail:asei@vesta.ocn.ne.jp へ申し込む。(終わり)

鬼家、追加記入。近くに次の図書館がありましたら読んで下さい。

□国立国会図書館  □東京都立中央図書館  □東京都立日比谷図書館 
□東京都立多摩図書館  □品川区立品川図書館  □文京区立小石川図書館 
□目黒区立八雲中央図書館 □新宿区立中央図書館  □八王子市立図書館

□川崎市立中原図書館  □神奈川県立図書館  □横浜市立中央図書館
□横浜市立金沢図書館  □横浜市立磯子図書館  □横浜市立神奈川図書館
□横浜市立港南図書館  □横浜市立中図書館  □横浜市立南図書館
□横浜市立都筑図書館  □横浜市立鶴見図書館

□横須賀市立図書館  □鎌倉市立図書館  □平塚市立図書館
□茅ヶ崎市立図書館  □秦野市立図書館  □伊勢原市立図書館
□湯河原町立図書館

□静岡県立中央図書館  □静岡市清水中央図書館 □熱海市立図書館
□伊東市立図書館  □伊東市八幡野コミセン図書室
□東伊豆町立図書館  □伊豆国市立中央図書館 □下田市立図書館
□駿東郡清水町立図書館  □沼津市立図書館  □掛川市立中央図書館
□富士市立中央図書館  □浜松市立中央図書館

□さいたま市立東浦和図書館

2007・9・5現在※合計 41図書館





スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
HP覗かせていただきました。
蛙声庵へ入らせていただき、短編小説一作読ませていただきました。
また拝読させていただきたいと思います。
ありがとうございました。
私のHPに「蛙声庵」のリンク貼らせていただければ嬉しいのですが。
2007/12/01(土) 09:39:17 | URL | ちひろ #-[ 編集]
こんにちは
ちひろさん、こんにちは。
蛙声庵に訪問していただき有難うございます。
リンクの件は問題ないと思います。
彼もリンクしてくださる方が増えれば喜ぶと思いますので、よろしく願います。
2007/12/01(土) 10:30:37 | URL | 鬼家(オニイエ)雅雄 #-[ 編集]
今日ものぞいてきました。
今日はお姉さまの絵画を見せていただきました。
皆様芸術家でいらっしゃるのですね。
素晴らしいです。小説には興味がありますので少しづつ拝見させていただきます。
まだご挨拶は致して居りません。
2007/12/03(月) 00:53:22 | URL | ちひろ #-[ 編集]
おはようございます
ちひろさん、おはようございます。
ちひろさんは絵も上手でしたね。
弟の姉ですが、私の妹になります。

弟は仕事の関係で1週間に1度程度しか家に帰りません。

先日ちひろさんのホームページを拝見しました。
綺麗なトップページになっていますね。
一つ気になったことがありますが、これはメールにて書かせていただきます。
2007/12/03(月) 05:52:44 | URL | 鬼家(オニイエ)雅雄 #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.