北杜市・自然の中で
山の中の独り暮らし、片目を失い福祉や医療機関、孤独死寸前までを綴る
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
冬支度


地球温暖化と騒がれているが、温暖化になって欲しいと思いたいほどの寒さです。
以前はマイナス15度まで下がり日本酒が凍りだす始末だった。
今は少し暖かく冬の最低気温はマイナス11度程度である。
以前、井戸のポンプを凍らせてしまい、その後壊れて今は新しいポンプに換えた。
このポンプはマイナス5度までは耐えるらしい。
冬になるとポンプの防寒を始めなければならない。


毛布が乗せられるようにする横に桟を乗せる。


そして、布や毛布をかけて蓋をするだけ。
春になると取り除く。
ポンプだけではなく、水道も不凍栓を締めるか、水を少し出しておかないと凍ってしまう。


トイレの水周りも凍らせたら大変です。約3畳程あり一般の家庭より大きく出来ている。
昭和の終わりに母が倒れて、約1年半介護のため会社を休んだ時造った。
将来車椅子使用を考えて作ったが、車椅子は使用しないで、平成元年12月に死亡した。


窓がガラス一枚で外の寒さと接触しているので、半透明の板を画鋲で止めて、「二重窓もどき」のようにしている。
これだけのことではあるが、今年の1-2月は無事に冬場を乗り切った。
トイレの室温は零度近くにもなり、使用する2-3分前にストーブを点け室内を暖かくする。
この冬は灯油の値上がりなど生活するのにマイナス面が多い。マイナスは気温だけにして欲しいと思う。








スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.