北杜市・自然の中で
山の中の独り暮らし、片目を失い福祉や医療機関、孤独死寸前までを綴る
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
火災(2)


昨夜の火災の続報ですが、昨日の記事と重複いたします。
この時期は寒いのでパソコン室を通常は7時半に出て、寝室に行き8時には寝床に入り12時頃までテレビを見ています。
9時から、N局の映画劇場を見ていると、大きな音がしましたが気にもせず、見続けましたが断続的にパンパンと音がしていました。
気になり食堂の窓から外を見ると投光器で照らしているような明々とした光が藤山さんの付近で見えました。
気になるので、パソコン室に上がり、外をみましたが同様な光景でしたが、突如炎が上がり煙が見えました。
完全な、火災なので119番に通報しましたが、既に何方かが通報したようでした。
近所の人と藤山さんに電話して、着替えて現場に行くことにしました。
夜、9時半過ぎだと思いますが、凄く寒く温度計を見るとマイナスの5度でした。
夜道は危険なので歩いたことは、近年にありませんが、非常時なので行きました。
藤山さんの上の小屋が燃えているようでした。すぐに消防団の人達が来ましたが、ここからでは現場に行かれません。
正規の道がなく獣道があるだけです。現場まで行く予定でしたが、危険を冒してまで行くことはないので戻ることにしました。
手持ちの懐中電灯は単三電池2本のものですので、電池が切れると家に戻れなくなってしまいます。

一夜明けた今朝のニュースで千葉県で自宅から300メートルの所で老人が凍死したと報道されていました。

8時半に家を出て現場に行ってみました。W氏の家が丸焼けになっていて、パトカーが1台止まっていました。
このパトカーは昨夜から現場検証のため見守っていたようです。再度燃え上がったそうですが警察官が消し止めたようです。
現場検証が始まりましたが、うろつくのも迷惑になるために現場近くには行きませんでした。
これらの火災は、テレビでも報道されたようですが、我がテレビは長野県しか映りません。
又、新聞にも載ったようですが、新聞は取っていませんのでどのように書かれているか知りません。
我が家も火の始末には充分気をつけたいと思っています。

追加記入
ネットの速報によれば、焼け跡から遺体が発見されたと書かれています。

(ブログの記事とホームページの雑記帳の記事は、ほぼ同じにします。)





スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
驚きました!
鬼家さま 大変でしたね。
お風邪など召しませんように、お大事にしてくださいませ。
藤山さま宅も大丈夫との事、安心いたしました。
類焼を免れられた由、人事とは思えませんので、安堵すると共に焼死されました山荘の方や愛犬に「安らかに」とお祈り申し上げます。
鬼家さま、お大事に!!
2008/01/15(火) 18:58:15 | URL | ちひろ #-[ 編集]
火事
ちひろさん、こんばんは。
静かな山で、火事に遭遇するとは思いませんでした。
夜の火事は凄く近く見え慌てました。
ただ、完全な無風状態だったので1軒だけですみましたが、風があったら被害は拡大していたと思います。

火事だけでなく、老人の一人暮らしは危険が一杯なので、注意して生活するつもりです。
コメント有難うございました。
2008/01/15(火) 19:10:58 | URL | 鬼家(オニイエ)雅雄 #-[ 編集]
火事お見舞い
こんばんは。
街中と違いある程度距離があっても直ぐ近くに見えることでしょうね、まして暗闇の中とあってはなお更恐怖心も大きくなるでしょう。
被災に合われた方には申し訳ありませんが、火災が広がらずに良かったと思います、山火事などになったら大惨事になりかねませんから。
これから冬本番寒さも厳しくなる事でしょうからお気をつけ下さい。
2008/01/15(火) 22:17:58 | URL | 写楽爺 #-[ 編集]
火事
写楽さん、おはようございます。
火事のお見舞いコメント有難うございます。
現場まで直線距離で300メートルもあるのに、凄く近くに感じました。
また、夜の火事を見るのも始めてなものですから、恐怖心と氷点下の寒さに震えました。

現場写真はホームページ雑記帳の方が、オンマウスしますと大きくなります。
あの写真の下に遺体があったのですね。
私も気をつけたいと思います。
2008/01/16(水) 08:08:56 | URL | 鬼家(オニイエ)雅雄 #-[ 編集]
近火お見舞い
お早うございます。
火災あとの写真を最初に見たので本当に驚きました。
よく読めば離れたお宅と解りましたが、しかし山林なので火が回れば大変な事になり兼ねないです。
なによりご無事で良かったと胸を撫で下ろしました。

あれからも藤山杜人さんのブログを拝見して
理想的に山荘を作られているなど鬼家雅雄さんは人と違うロマンチックで粋な人生を送られている方なのだな~と感服いたしました。
2008/01/18(金) 09:00:41 | URL | #-[ 編集]
おはようございます
玲さん、近火見舞いのコメント有難うございます。
我が家と火事現場とは直線距離で300メートルは離れていると思います。
真っ暗の中の雑木林の中、距離感がなく凄く身近に見えました。
幸いにも無風状態だったので大事には至りませんでしたが、もし、2-3日前の風の強い日に起こったなら、大惨事になったかも知れません。

藤山さんが、私のことを過大評価して書いた文章で、若い時から人間嫌い、人の居ない山の中に憧れ家を建てましたが、その後別荘がバタバタと建ち並んでしまいました。
(隣までは100メートル以上は離れています)

近所から煙たがれている老人です。
2008/01/18(金) 09:54:39 | URL | 鬼家(オニイエ)雅雄 #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.