北杜市・自然の中で
山の中の独り暮らし、片目を失い福祉や医療機関、孤独死寸前までを綴る
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
ナメコ菌植え付け

今日からキノコ菌の植え付けを行うことにしました。
冬の間に作業場を片付けるつもりがまだ散らかっています。
出来上がったものは外にすぐ出すので、すぐに広く使えると思います。
朝、決めた作業だけ行い時間が余っても作業は中止します。


簡単な駒菌から作業を始めます。今日はナメコ1500駒だけの作業です。
一瓶に500駒は行っていますので3瓶だけの作業になります。
使用するものはドリルとハンマーだけです。
錐は8.5ミリ。種菌メーカーにより少し差があるので種菌メーカー買ったほうが無難です。
錐にはストッパーが付いています。


原木が回らないように台に乗せて穴あけをします。
穴あけの間隔は個人によってまちまちです。
また、キノコ栽培の本を見ても皆違っています。
私の場合は90cmの長さの原木で、端から5cmいったところから20cm間隔ですが、今回は完全なホダギを作りたく16cm間隔としました。
菌の数を多くすれば、良いホダギになりますがコストの関係でやたらと増やせません。
横に3-4セン移動したところが次の列になり、前列の穴の間にあけます。


このように、千鳥に穴をあけていき、後は駒菌を穴に差込みハンマーで叩くだけです。


出来上がったものは、写真のように積んで乾燥させないようにします。
このように、して5月中旬の新緑になる頃まで、菌が原木に広がるように努めます。
勿論、太陽に当ててはいけないので、遮光ネットをかけておきます。

今日出来たのが、桜原木で30本。コナラ原木で6本でした。
ナメコが発生するのは来年の秋です。
私70歳を超えてしまいますが、食べられることを願っています。





スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
春仕事の始まり
こんばんは。
夢膨らむ春のお仕事が始まりましたね。
そしてこれからのナメタケ、シイタケなど、美味しいキノコの出来上がりを楽しみにし頑張る姿が作業場の風景で想像できます。自然とほほが緩む暖かい雰囲気が伝わってきます。春の嬉しさを有難うございました。
2008/04/02(水) 19:30:55 | URL | SUB #-[ 編集]
春仕事の始まり
SUBさん、おはようございます。

やっと春らしくなり、思い腰をあげて作業を始めました。
プロとは違いますので作業量は比較しないでのんびりと行います。

一度植えると数年採れますので、我が家の食卓はキノコばかりになりそうです。

コメント有難うございました。
2008/04/03(木) 06:15:49 | URL | 鬼家(オニイエ)雅雄 #-[ 編集]
鬼家さん、
キノコの菌の植え付けの様子がよく分かりました。楽しそうな作業ですが、量が多いので大変ですね。菌を植えたら日光にあてないで
湿気の高い状態でキノコ菌が丸太全体へ広がるようにするのですね。
記事を楽しく拝見しました。草々、藤山杜人
2008/04/03(木) 08:11:56 | URL | 藤山杜人 #-[ 編集]
藤山さん、こんにちは。
今日も、午前中100駒だけ打ちました。
駒菌は打ち終えましたので午後からは休みです。

明日から作業が大変な、おが屑菌を行います。
おが屑菌は早く広がりますので秋には収穫できるキノコもあります。
この作業をすると必ず腰痛になってしまいます。 
2008/04/03(木) 11:56:00 | URL | 鬼家(オニイエ)雅雄 #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.