北杜市・自然の中で
山の中の独り暮らし、片目を失い福祉や医療機関、孤独死寸前までを綴る
201706<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201708
国蝶・オオムラサキ










この数年、国蝶のオオムラサキが庭にやってきます。

今年も来て屋上の部屋の出入り口に止まっていました。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
雅雄さん、
よく「おおむらさき」と分かりましたね!
武川村は「おおむらさきの国」という看板をよく見ましたが、蝶々は見たことがありませんでしたの。で、写真を見つめています。
お元気でお過ごしになって下さい。
おやすみなさい。 藤山杜人
2008/07/14(月) 19:34:46 | URL | 藤山杜人 #-[ 編集]
オオムラサキ
藤山さん、こんばんは。
オオムラサキとは顔なじみになりました。

実物を見たければ日野春駅の近くにオオムラサキセンターがあり、飼育しています。
ホームページもありますよ。
私はこのセンターに何度も行っています。
昨年のホームページにも載せています。

今、パソコン室の電気を消して外を見ていました。
まだ、今年はホタルを見ていません。

コメント有難うございます。
2008/07/14(月) 20:30:15 | URL | 鬼家(オニイエ)雅雄 #-[ 編集]
お元気ですか!
鬼家さま、お早うございます。
ご回復されましたか。
暑さ厳しくなりますので、ご無理なさいませんように。

国蝶のオオムラサキを眺めての明け暮れ、素晴らしい環境ですね。
こちらではアゲハチョウが山椒の木に卵を産み葉っぱを食べては羽化して飛んでいます。
山椒の葉っぱも食べられてもすぐに新芽が出来て、またアゲハが卵を産みます。自然って上手く出来ていますね。
お大事にお過ごしくださいませ。
2008/07/16(水) 07:59:01 | URL | ちひろ #-[ 編集]
ちひろさん、おはようございます。

手術して1週間経ちました。
1週間は禁酒ゃ重いものを持たないようになどの注意を受けました。

これから、隣の家に行って釘などの少し重いものをもらいに出かけますが、
後、2週間は大きな行動を控えたいと思います。

オオムラサキは毎年来ていますので、近くで生まれたと思われます。
アゲハも来るのですが、主にクロアゲハが多いです。

コメント有難うございます。

2008/07/16(水) 09:15:24 | URL | 鬼家(オニイエ)雅雄 #-[ 編集]
雅雄さん、

お元気ですか?

東京は梅雨明けが近いのか、暑くなりました。
そちらの標高の高い山林の中の涼しさが恋しいですね。
ヨットの隠れ家を暑すぎるので、閉店しました。今後は山小屋へ避暑へゆくだけが楽しみです。
またお会いできる事を楽しみにしています。
お休みなさい。
 藤山杜人
2008/07/16(水) 21:27:51 | URL | 藤山杜人 #-[ 編集]
藤山さん、おはようございます。

昨夜はパソコン室に入らず、返事が朝になりました。
こちらは、それほどの暑さは感じませんが、パソコン室は陽が入るので凄く暑いですよ。

藤山さんのブログは毎日見ています。
足跡の方も覗いています。面白そうですね。

コメント有難うございます。
2008/07/17(木) 04:12:01 | URL | 鬼家(オニイエ)雅雄 #-[ 編集]
さとブロを訪問していただいたカヤネズミです。鬼家さんの最新のブログ(自家製燃料)を訪ね、“マイライフを貫いておられる凄い里山生活者だ!”と感心してしまいました。興味ある記事がいっぱいありますが、まずはオオムラサキにコメント入れさせていただきました。

うちに榎の巨木があります。ここ10年の間、ずっとオオムラサキが来ることを願っていましたが、ついに今年、木の下にオオムラサキの片羽を見つけました! いるのだ!と感激でした。 

鬼家さんのこのオオムラサキの写真、見入ってしまいます。いいですね~。

うちは川辺の小さな集落の端にある小さな小さなキャンプ場ですので、落ち葉をそのままにしておくことが出来ません。きっと、オオムラサキの卵の付いた落ち葉をコンポストに入れて堆肥にしてしまっているのでしょうね。

また、訪問させていただきます。ご自愛お祈りしています。
2008/08/08(金) 12:21:53 | URL | カヤネズミ #-[ 編集]
カヤネズミさん、こんにちは。
丁寧なコメント有難うございます。

昨日は余計なコメントをしまして反省しています。

自動車で15分も行くとオオムラサキの生息地がおり、オオムラサキセンターがありますが、そこから飛んできたとは考えにくいので、我が家周辺にも生息地があるような気がします。

キャンプ場経営ですか自然の中での営業羨ましいですね。

亡き父も茨城の大洗で生まれましたので、茨城も感心を持っている県の一つです。

これからも、よろしくお願いします。
2008/08/08(金) 18:00:34 | URL | 鬼家(オニイエ)雅雄 #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.