北杜市・自然の中で
山の中の独り暮らし、片目を失い福祉や医療機関、孤独死寸前までを綴る
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
北杜市・萬休院の舞鶴松と桜
萬休院の桜

日曜日に神代桜を見てから立ち寄ってみたが、桜は満開になっていなかった。
近場なので、8時半頃に行ってみるとほぼ満開の状態だったが、品種によってはまだ咲き出したばかりのもあり、まだまだ楽しめると思う。
ここの良さは、神代桜ほど知られていないために観光客が少なく駐車場も無料で、万一駐車場が満杯なら下の入り口付近にある、小さな公園に自動車を置いて歩いても10分程度で、その道も桜並木になっています。
ベンチや東屋もあり一休みや弁当も食べることが出来る。ここの舞鶴松は有名だが桜は意外と知られていないようだ。静けさを求める観光客には良いかもしれない。
また、季節により違った花も咲くようなので、度々訪れてみたい。
残念なのは舞鶴松が病気にかかってしまったことである。

入り口付近の小さな公園も、トイレや休息する小屋などあり、水車も廻り駒ヶ岳の展望も素晴らしい場所です。

外部ファイル、8枚の写真のスライド


萬休院の松と桜

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
神代桜神代桜(じんだいざくら)は、山梨県北杜市武川町の実相寺内にある樹齢2000年ともいわれるサクラの老木。根尾村|根尾谷の淡墨桜(岐阜県本巣市)、三春滝桜|三春の滝桜(福島県田村郡三春町)と並ぶ日本三大一覧#三大巨桜|日本三大桜と称され、1922年 (大正11年) 10
2007/07/28(土) 07:58:54 | 日本の心-四季折々の風情を感じ...
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.