北杜市・自然の中で
山の中の独り暮らし、片目を失い福祉や医療機関、孤独死寸前までを綴る
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
猿と人間どちらが悧巧か?


ここは真原の桜並木の道路から1本下った所の広域農道です。
昼間なのに自動車は数分に1台の割合で通る贅沢な道路です。
この近くに真原の桜の咲く頃だけに使う駐車場があり、その他は閉鎖されています。
この道路沿いに数年前に電気柵を作りました。
電気を通せば猿は下の農地まで降りては来ないと思ったのでしょうね。
電気柵より山よりの農家や民家の農作物は、動物に荒らされても仕方ないとここで線引きしたのでしょう。
電気柵を維持するには、電気料金、柵につる性の植物が絡まないように雑草刈り、または、除草剤をまかなければなりません。



そして、電気柵が出来てまもなく、猿が電気柵を越えているのを見つけました。
そして、先日買い物に出かけたとき、猿の集団を見つけました。
大分手前に自動車を止めたのですが、警戒して逃げた猿もいます。
人間の通る車道を堂々と山の方に引き上げて、一部の猿は柵の扉部分の下を潜り行き来していました。
この柵が出来ましたので、猪、鹿、熊までが人の歩く道を通るようになり、秋の散歩も危険な状態です。
やはり、人間より猿や動物達の方が頭が良い様な気がします。
大きな声では言えませんが「お猿さん、下の農地に美味しいものが沢山あるから」と心の中で叫んでいます。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
写真を見てビックリしました。
猿の習性にあまり詳しくないので、これだけの群れを目の前にすると怖いものがあります。
ここにヒトの営みを持ち込んだとき、当然、問題が起こるでしょう。「自然を求めて、自然を守る」が元々矛盾してるのでしょうか。
2008/08/04(月) 12:22:06 | URL | 乾燥芋のおにいちゃん #-[ 編集]
こんにちは。
猿の大群はこんなものではありません。
色々な動物達のため、周辺では野菜や果物は出来ず、困っています。

当然のことながら猿の方に先住権はあると思います。
自然を守るということは自然の中に立ち入らないことだと思っています。

里山は別で人が立ち入り雑木林の管理を行うことだと思いますが、里山と自然の境界線が私にはわかりません。

コメント有難うございます。

2008/08/04(月) 12:37:19 | URL | 鬼家(オニイエ)雅雄 #-[ 編集]
驚きました
お猿が当然のように舗装道路を行き来しているようですね。
贅沢な道路の表現も笑うに笑えない、
しかしその比喩が鋭いと云うことに笑いました。
頭いい動物たち、自然の本能のままなのですがね、私たちの猿知恵を笑われそうですね。
2008/08/05(火) 13:50:31 | URL | 玲 #-[ 編集]
公共事業
玲さん、こんにちは。
猿と人間どちらが頭が良いかは、はっきり言ってわかりません。

車の通らない道路、一年に2週間程度しか使わない広い駐車場、猿が行き来できる柵など
作り、それぞれ、財布は違いますが無駄遣いばかりと本当は言いたかったのです。

ランキング22位と頑張っていますね。
近頃の私のブログは写真を使わない手抜きばかりです。

コメント有難うございました。
2008/08/05(火) 15:40:42 | URL | 鬼家(オニイエ)雅雄 #-[ 編集]
雅雄さん、
こんな光景は小生も何度か見ましたが、写真と撮ろうとすると逃げてしまいます。
写真が嫌いらしいのによく撮ることが出来ましたね。
感心しました。
敬具、藤山杜人
2008/08/08(金) 23:52:37 | URL | 藤山杜人 #-[ 編集]
藤山さん、おはようございます。

だいぷ遠くから撮りました。
小さな方のカメラなのでこの程度の大きさになってしまいました。

柵など作っても何にもならない、無策と言うのでしょうか。
コメント有難うございました。
2008/08/09(土) 06:43:53 | URL | 鬼家(オニイエ)雅雄 #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.