北杜市・自然の中で
山の中の独り暮らし、片目を失い福祉や医療機関、孤独死寸前までを綴る
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
白モクレン無残
モクレン
4月1日最低気温度、2日9度、3日、6度と暖かな朝が続いた。モクレンも開き始め今年も綺麗に咲くと期待していた。
そして、4月4日最低気温は0度になった。モクレンを見ると褐色になり痛々しい姿になっていた。原因はわからない我が家だけなのだろうか。
近くの公園フレンドパーク武川に行ってみる。モクレンはあったがそれほど色は付いていなかった。
同じ仲間のコブシを見ると僅かに褐色になっていたものもあったが、数が少なく原因追求にはならなかった。
真原の桜並木の方にも行ってみたが、モクレンを植えてある家は見つからず家に戻った。

そして、昨日午後3時過ぎ、横手の方から牧の原方面に自動車を走らせると何軒かモクレンを植えてある家を見つけた。程度の差はあるものの褐色になっていた。
我が家だけでなく安心するが、原因わからず用事を済ませた後、フレンドパーク武川に行ってみた。特にコブシが褐色になっていた。
ここの人なら植物に詳しいだろうと尋ねると霜によるものだと教えてくれた。
我が家でモクレンが咲き始めて10年近くになるが初めての経験だ。同じ季節に咲き同じように霜に当たっているのになぜなのか。

この時期、中国から黄砂が日本上空にやってきていた。もしや、濃い酸性雨でも降ったのかなどと心配していたが、霜なら花は駄目でも木は大丈夫なので来年に期待したい。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.