北杜市・自然の中で
山の中の独り暮らし、片目を失い福祉や医療機関、孤独死寸前までを綴る
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
カエル小屋の製作 その1



暖かい日が続いたのでカエル小屋の材料を買いに出かけるが、乗っている自動車がジムニーなので、毎日少しずつ運び4日間で買いそろえた。
土曜日から始める予定が、土曜、日曜と雨で、今日月曜日から行うことにした。
ただ、昨夜は雨から雪に変わり、今日は寒い日であった。

カエル小屋を作ると言っても問題がある。
カエルの冬眠が成功すれば小屋は必要だが失敗をした場合不必要になってしまう。
見届けてから作り始めても良いのだが、小屋を作る場所に山野草などが植え込んであるので芽の動かないうちに工事を終えたい。
小屋が完成しても実際にカエルを入れるのは5月中旬以降です。
もし冬眠に失敗したら、その時になってから考えたい。
作っておけば何かの飼育に使えるだろう

今日の作業と言っても、寸法に切断してペンキを塗るだけである。
ここは自然の中でキノコが良く生える湿度の高い場所なので、ペンキを塗らないと4年程度で材木は腐ってしまう。
ペンキがカエルに与える影響は分からない。出来てから2ヶ月過ぎて入れるので影響はないと思っている。
別の意味からすれば、ペンキを塗らずに作っても4年使えればよいだろう。
私自身が後4年の寿命があるかも分からないのに。とペンキを塗りながら思っている。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.