北杜市・自然の中で
山の中の独り暮らし、片目を失い福祉や医療機関、孤独死寸前までを綴る
201706<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201708
カエル小屋製作 その3




カエル小屋の製作がほぼ終りました。まだ付帯工事などが残っています。例えば配線をして蛍光灯の設置や蛍光灯の下に棚を作ったりしなければなりませんが大物の工事は終りました。
もう蛇や蜥蜴は入ってこないと思いますが、既に蜥蜴が卵を産んでいるかもしれません。注意して5月中旬のカエルの引越しまで外敵が小屋の中にいないか見る必要があります。
元カブトムシ小屋のあった場所なので、1本のクヌギが小屋の中にあり、面倒な細工をしなければなりません。動かないものなら型を取り穴を塞げば良いのですが、強風があると根元でも揺れてしまい、揺れを吸収するように作らなければなりません。
古いマットレスを使用して作ってみました。ドアも作り金網も全部張りましたが、肝心のカエルの越冬が無事に終るか心配しています。
今は見栄えがしない小屋ですが、引越しする頃には山野草やカエデが葉を出し良い環境となると思いますが、カエルが気に入ってくれるかは分かりません。
カエルは後10日位で起こす予定でいます。その時が一番難しいようなので慎重に起こさなければなりません。


**ここは山の中です。蛍光灯をつけると虫たちが沢山集まります。大きな虫は金網で入れませんが餌になる小さな虫も集まるでしょう。**
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.